emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

おしゃれな洋書をインテリアとして飾る~コーディネート実例

   

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています。

洋書って、表紙が素敵なものが多いですよね。
特に高級感あるハードカバーは、インテリアとして飾っても素敵です。

読めて楽しい、飾って楽しい♪
今回は、お気に入りの洋書コーディネート実例についてご紹介します!

洋書コーディネート実例①:ソファ前のローテーブルに飾る

我が家のソファ前ローテーブルには、引き出しがついています。
表面がガラスなので、引き出しに入れたモノが見えるようになっています。
現在2冊のハードカバー洋書を飾っています。
洋書コーディネート
両方とも、かなり分厚くて、重みがある本です。
Victoria Hagan: Interior Portraits
約7,000円
重さ:1.5kg

Scandinavian Modern Houses約12,000円(私が購入した当時)
重さ:1.7kg

ハードカバーなので値段が高いですが、丈夫で高級感があり、インテリアとして最適です。
両方とも料理研究家の行正り香さんが著書の中で紹介しており、表紙の美しさに惹かれてamazonで購入しました。

気に入っているのは、表紙だけでなく中身もです。
特にVictoria Haganの本は、白メインの上品&美しいコーディネートが、とても勉強になります。

洋書

洋書
写真がほんと美しい・・・眺めているだけで幸せな気分に。

最近はインテリアに関する情報・写真を、ほとんどネットで入手することができますが、こうやってハードカバー本をゆっくり眺めるのは、単にネットで情報収集するのとは違い、さらに感性が刺激される気がします。

ハードカバーは値段が高いですが、心から気に入ったモノを購入すれば、読めるし飾れるし、一生の宝になります。
私は自分へのご褒美として、少しずつ買い足しています。

部屋の雰囲気・テーマに合い、シンプルで飽きのこない外見の本を選ぶのがおススメ。
私はインテリアに溶け込みやすく、高級感のある白・黒デザインの表紙の本を選びました。

お気に入りの本を見えるようにしておきたいので、ローテーブルの上は常に綺麗になるように心がけています。
洋書コーディネート・・・とは言え、気づくといつの間にかテーブル上にモノが積み上がっている時が多々あります(笑)

洋書コーディネート例②:テレビ台に飾る

私がもう一箇所、洋書を飾っているのはテレビ台です。
洋書コーディネート
コンセントを隠すために、テレビ台の間に洋書を積み重ねています。
洋書コーディネート

大好きなインテリアの本たち。
洋書コーディネートamazonや、旅行先で購入したインテリア雑誌、カタログなどを置いています。

一番右のハードカバーの本も、行正り香さんの著書で紹介されていました。
美しい表紙デザインに憧れて購入。Rooms: Creating Luxurious, Livable Spaces (Design)約5,000円
重さ:1.1kg

こちらも美しい写真たち。
全体的に茶・ベージュのトーンです。
洋書

洋書

 

おしゃれな洋書は、読んで、飾って楽しめて、まさに一石二鳥。
インテリア、旅行など、自分が興味ある分野の本を選ぶのがよいですね。

洋書ハードカバーは、書店(六本木TSUTAYAなど洋書が充実している店舗)、インテリアショップ、amazonなどで購入することができます。
種類が豊富だし、買って持ち歩くのが重いので、私はamazonで良く購入しています。
Victoria Hagan: Interior Portraits
Scandinavian Modern Houses
Rooms: Creating Luxurious, Livable Spaces (Design)

お気に入りの本に出会えますように。