インテリアにアクセントカラーを取り入れる方法

お部屋にアクセントカラーをどうやって取り入れたら良いの?

そんな質問に、まず良く言われるのが「クッションで色を取り入れましょう」ということ。

私もそれに賛成です。
でもクッションだけだと足りません。

 

アクセントカラーはクッションだけでは足りません

以下の写真を見て想像してみてください。
もしこの写真で背面のアートがなかったらどうでしょう?
いくらクッションでアクセントをいれても、あか抜けないインテリアになってしまいます。

ハワイのホテル

これはハワイのホテルハイアットセントリックのロビーの写真です。
良く見るとシンプルな家具ですが、パキっとしたアートとクッションで、印象的なロビーでした。

壁が真っ白シンプルな部屋に、クッションだけカラフルなものを置いても物足りません。
すっぴんの顔に真っ赤な口紅をつけているみたい。
アートやカーテンとリンクするように、色を取り入れていくことが重要なんです。

 

新宿区賃貸マンションのアートコンサルティングの事例です↓
ソファ裏にアートを3点飾りました。
元々あったクッションの色とつなげて、紫・ブラウンがアクセントの高級感のあるリビングになりました。
アート納入事例

 

アートから色を取り入れる

お部屋にアートを飾って、アートに含まれている色の中からカーテンやクッションの色を決めていくと、お部屋がばっちり決まります。
カラフルな色を取り入れても、お部屋に統一感が産まれます。

以前コーディネートした「大人のカジュアルこたつインテリア」の事例です。
各部屋にポスターを額装して飾りました。

インテリアコーディネートのご契約をして、プランニングを開始する際、私がまず最初にお客様にお願いしたことが「どんなアートをお部屋に飾りたいか考えてみてください」ということ。
ご夫婦で話し合って「THE WORLD」のポスターを選ばれました。ポスターをおしゃれに飾る

このポスターの中から色をとって、オーダーカーテンの生地を決めていきました。

オーダーカーテン

こたつカバー、クッション、座布団カバーも、色の関係性を考えて生地を選び、オーダーで作成しました。

色がリンクしているので、模様が入っていてもばっちり決まります。こたつLife

 

我が家のリビングには、青いカーテンをつけています。
ソファ裏のアートとリンクさせることで、爽やかに美しくまとまっています。

今の家に住んで1年半近く経ちましたが、今でも毎日「このアートとカーテンのコンビ最高だわ」って思っています。昼も夜もキレイです。
椅子で見せ場を作る

 

インテリアコーディネートをする際、アートは始めに考えます

インテリアを作る際、家具を選ぶことに熱心になりアートは後回しになることが多いです。
最後に小物スタイリング感覚で決められることが多いですし、飾らないことも多々あります。

でも私はインテリアコーディネートをご依頼されると、家具選び、カーテン選びと同時並行でアートを選んでいきます。

特にオーダーカーテンを作る際に、アートの色とカーテン生地の色をリンクさせると完成度が高まります。

カーテンショールームでは、候補のアートの写真を見ながら生地を選びますし、
ギャラリーには、候補のカーテン生地のサンプルを持って行きます。

そうすると、
「どんなアートを飾るか分からないから、無難なベージュのカーテンにしておこう」という消極的な選び方ではなく、「このアートに合わせて、このカーテンにしよう」という積極的な選び方ができます。

もちろんアートを引き立てるために、あえて白、ベージュ、グレーのシンプルなカーテンを選ぶこともありますが、消極的な視点で選ぶより、アートとのバランスを考えて積極的に選ぶほうが、素敵なベージュを選べます。

 

アートとリンクさせてカーテンやクッションの色を決めていく。
そうすると、アクセントカラーをお部屋に上手に取り入れられるようになります。

 

「アクセントカラーを入れたいからクッションカバーを探しに行こう」ではなく、
「このアートを飾りたいから、アートの色にリンクする色のクッションカバーを選ぼう」という視点でインテリアを作ってみてください。

 

9月29日(土)、30日(日)のファッション&インテリアセミナーでは、アートの飾り方や色の取り入れ方についてもお教えします。
「色」ってファッションでも、インテリアでも重要な要素です。
美しく見せるか、醜く見せるか…色次第。
ファッションとインテリアの両方の観点から学べるのはとても面白いと思います。

残り2席になりました。(29日1席、30日1席)
ご興味ある方はぜひお早めにお申し込みください!
イベント詳細はこちら



インテリアコーディネートランキング

Instagram ⇒ em.yamaguchi

おすすめ記事