【納品事例】アートが輝くホテルのような上質リビング&ダイニング

アートの納品事例のご紹介です。
新宿区の高層マンションにお住まいのご夫婦のリビング・ダイニングにアートを納品しました。

リビングのお写真はこちらでもご紹介↓
ソファ裏にアートをリズムカルに飾る<リビング納品事例>

ご夫婦のセンスでパープル/ダークグレーをテーマカラーに、美しくまとめられたリビング&ダイニング。
でも広い壁が空白でもったいない印象でした。
ソファ裏とダイニング横にアートを飾ると良いですよ、とアドバイスさせていただき、素敵なアートをご提案しました!

 

ダイニング横にアートを飾る

ダイニングの壁は食事中に目がいくため、ぜひアートを飾っていただきたい場所です。

ダイニングアートの写真

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ダイニングアートの写真After

写真アートの上にアクリルで着彩している上質感と透明感のある作品です(作品:中里伸也)
六本木ミッドタウンのTime & Styleで個展を開催しており、お客様の空間にぴったり!と、思いご提案したものです。
まさにアートは出会いですね。
アートを探すのは本当に大変ですが「お客様の空間にぴったり!色も質感もサイズもベスト!」と思うアートに出会えた時は、嬉しくなってアドレナリンが放出しまくります(笑)

 

アート納品後確定版

まるで昔からそこに飾られていたかのように空間にピッタリなアート。
よりグレード感のある素敵なダイニングになりました。
テーブルランナー・お花の色と、アートのパープルがリンクしています。
額の色は椅子やラグの色に合わせて濃いめのダークグレー色にしました。空間が引き締まって見えます。
ピクチャーレールがあったため、ピクチャーワイヤーを使って吊り下げています。

 

ソファ裏にアートを飾る

ダイニング横と同様にソファ裏も絶対にアートを飾ってほしい場所です。
お部屋に入って真っ先に目に飛び込む場所なので、アートがあると素敵なフォーカルポイントなります。

アート納入前

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リビングアート納品事例

大きい作品をご提案しようかと思ったのですが、ソファ裏の壁に段差があり大きな作品を飾れないことが分かりました。
そのため小さな作品を3点、均等に並べて飾りました(作品:渡部一也、SCENE)

アートとクッションの色・質感が美しくマッチしていますし、空間にリズムが生まれました。
石膏ボード壁のため石膏ボード用フックで取り付けています。

本当に素敵な作品。一日中眺めたくなります。
アート納入事例

ダイニング横には額入りの作品を、ソファ裏には額無しの作品をご提案しました。
どちらも良さがあります。
額入りは額の雰囲気によってグレード感やカジュアルさを演出できます。額無しは質感を楽しめます。
空間に合わせてご提案しています。

ホテルやレストランの一時の時間ではなく、素敵な日常がそこにあります

作家作品はそれなりに値段がしますが、お気に入りの作品を毎日楽めることで空間の質が確実にアップしますし、家にいる時間が益々楽しくなります。
「365日毎日楽しめる」と考えると、決して高くない投資だと思います。

夏休みに海外旅行に行く代わりに、素敵なアートを買ってみる…そんな決断も素敵ですね!

アート納入事例

 

 

賃貸マンションでもアートを飾って楽しみましょう

ちなみにここは賃貸マンションです。
「賃貸マンションだから、現状復帰のために画鋲一つも刺せません」なんて考え方はもったいない!
ぜひアートを飾って毎日を楽しんでいただきたいです。

ピクチャーレールを活用したり、壁に直付けでもそれほど穴をあけずに取り付けられる器具が今はたくさんあります。

もっともっと多くの人が、アートを飾るのを身近に感じて家にいる時間を楽しめるようになるといいなと思います。

ちなみにアートを飾りまくっている我が家も賃貸マンションです。
アート作品に囲まれて暮らすなんで、スタイリッシュで楽しいですよ!

アートにご興味ある方、アートを飾ってみたい方、お問合せフォームよりご連絡くださいね☆

ブログランキングに参加中
応援クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ
Instagramフォロー大歓迎です☆ em.yamaguchi

おすすめ記事