おすすめ本~生涯現役、輝く女性の暮らし

最近良く読む本に篠田桃紅(しのだとうこう)氏の本があります。
105才の現役の美術家。
墨で描く抽象作品を確立したといわれている方です。
5才の時に書を学び、40代で渡米し、100才を超えた今も毎日毎日作品を描き続けています。

今年6月に新宿伊勢丹で開催されていた展覧会「回想 —文字とかたち」に偶然足を運び、さらに先々週に富山のホテルで作品を目にし、その迫力に感銘を受けました。
篠田桃紅
(富山のホテル「リバーリトリート雅樂倶」のロビー近くに展示されていた作品。ホテルの許可を得て撮影)

100才を超えても精力的に活動をつづける、創作の泉はどこから湧き出るのだそう…そのパワーはどこから来るのだろう、どんな方なのだろう…そんなことが気になって、最近本を買い、食い入るように読んでいます。

本を読んで感じることが、人柄や発想がとっても真っすぐ、自由、そしてチャーミング。
「自信や才能」とか「使命」とか、むろん「お金のため」なんていう気持ちでは全然なくて、自然の流れに任せて100才を超えた今も書き続けていいる。

そんな姿にとっても惹かれます。
篠田桃紅氏

何かを始めることは簡単でも、まっすぐな気持ちで向き合い続けるのは難しい。
いろんな邪念が入ってきたり、障害が入ってきたり。ましてや1世紀近くも続けるなんて!ほんとうにすごいなぁ。。

「桃紅105歳 好きなものと生きる」では、仕事場の様子や仕事の道具、お気に入りのもが紹介されています。
どれも大切に使い続けられてきた美しいもの。

インテリアも人柄や人生が反映された素晴らしい空間です。ぜひご覧ください。

amazonリンク↓
桃紅百年
桃紅一〇五歳 好きなものと生きる

 

もう一冊、最近お気に入りの本がこちら↓
ずっと美しい人のインテリア

様々な業界で活躍している女性達の自宅インテリアが紹介されています。
「家はその人の人生を表す」
「家はその人の魅力とつながっている」
と言われますが、何十年もかけて築き上げてきた家・暮らし方が本当に美しいんです。

ファッションデザイナーの島田順子氏はじめ、海外で暮らしたり活躍している方が大半。
いろんな国で暮らし、いろんなもの見て、独自の審美眼で選び、長年かけて創り上げてきた空間。
「××スタイルインテリア」なんて簡単にカテゴライズできない。

一人一人の個性と人生が反映された自分流のインテリアです。

眠る前にベッドで眺めるのも幸せですよ。
お時間あるときにぜひ本屋さんやamazonをのぞいてみてくださいね!

amazonリンク↓
家は人そのもの。13人のマダムのお宅拝見! ずっと美しい人のインテリア

 
アートxインテリアコーディネート山口恵実のブログ
ブログランキングに参加中。応援クリックよろしくお願いします★


インテリアコーディネートランキング

おすすめ記事