年齢を重ねても「独自のスタイル」を貫ける人になりたい

日経新聞の「The Style」という特集が好きです。

世界各国の芸術、自然、旅、料理、ファッションなどが特集されていて、朝ご飯を食べながら読むのが日課です。

今朝目にとまったのが「The Style/Fashion  高年になったら何を着る?」という特集。
ファッションxインテリアコーディネートStudio del Sol山口恵実

英国版Vogueで活躍していたジョー・エリソンによる記事で、

年齢を重ねて成熟した「独自のスタイル」を貫き、ファッションアイコンとして注目されている人の話です。

作家のジョーン・ディディオン(83)
劇作家の故サミュエル・ベケット(故83)
ジャクリーン・ケネディの妹リー・ラジウェル(85)
を例にあげています。

80歳を超えても、みんなすごく格好良くてスタイリッシュ!

真にスタイリッシュな人は、
早いうちから自分の特徴を築き その後も同じスタイルを貫き続けている。

成熟したスタイルとは、自分に合うものを直観しそれを貫く自信だ

年金をもらう年齢になってから「本当の自分」を作り出そうなどというのは、どう考えても遅すぎる。
(ジョー・エリソン)

 

おぉ…どれも心に響く言葉だ。

自分が似合うものを知って、それを自信をもって貫くこと。
それが”真のおしゃれ”というもの。
早いうちからそれを見つけよう。

ふむふむ、まさにそうだなー。

私も30歳過ぎて結構いい年になってきました。
20代はメイクも服もいろんなものにチャレンジしたいけれど、そろそろ無駄なものをそぎ落として自分のスタイルを確立したいお年頃。

 

そのための第一歩を最近歩み始めています。

まずは自分の特徴を知るために、先月イメージコンサルティングを受けて骨格やカラーについて学びました。

(ブログ記事:私がイメージコンサルティングを受けた理由

ファッションxインテリアコーディネートStudio del Sol山口恵実

今週はパーソナルショッピングに行き、自分に合う服をプロに提案していただきます。

 

それなりにお金はかかるけれど、一歩上のステージに行くための投資。

「自分スタイル」と思えるような、運命の一着をぜひ見つけたいです。

ファッションxインテリアコーディネートStudio del Sol山口恵実