emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

テレビ裏のコード・ケーブル・配線を隠したい、スッキリ整理&収納実例

   

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています。

パソコンやテレビ周りのコード類…ごちゃごちゃしがちですよね。
先日模様替えした際に、テレビ周りのコード類を改めて整理しました。
今回は『コード・ケーブル・配線類をスッキリ隠す方法(我が家の実例)』のご紹介です。

コード類を整理するにあたって、私のポリシー2つ
家にあるモノでできる & 見た目がおしゃれ

最近コード類を収納するBOXが売られていますね。
それらを使っても良いのですが、そもそも私の家作りのポリシーは、
・モノを増やしたくない
・お気に入りのモノしか家に置きたくない
・極力お金をかけたくない
ということ。
そのため、市販の収納BOXは使わずに、どうにかしようと思いました。

私がコード・配線類の扱いで一番頭を悩ませていたのが、テレビ周りです。
我が家のテレビ台は引き出しや扉がなく、後ろのカバーも無いタイプのため、テレビ台後ろに垂れ下がっているコード類が、前から丸見えになってしまうのです。

家の中でも目立つ存在であるテレビ台。
このコード類を整理するにあたって、私が考えた条件は2つです。

・家にあるモノでできること
・見た目がおしゃれであること

これらを達成出来るように、セロハンテープやガムテープなど、家にあるモノでできる方法を考えました。

テレビ台周りのコード類をすっきり隠す方法(3ステップ)

コード類を整理し隠すために、私が実施したのは以下の3ステップです。

STEP1. コード類を『テープ』でテレビ台の裏に貼り付ける(”前から”見てスッキリ)
STEP2. テレビ台を壁にピッタリつける(”後ろ”から見てスッキリ)
STEP3. 前から見えるコンセント部分は、『お気に入り洋書』で隠す

それぞれ見ていきます。

STEP1. コード類を『テープ』でテレビ台の裏に貼り付ける
(”前から”見てスッキリ)

コード類がテレビ台の後ろに上手く隠れるように、コードを整理して、『セロテープ』でテレビ台の裏に直接とめていきます。
テレビ裏配線整理

前から見たときに、コードが変なところからダラリと垂れ下がらないように、コードが複数交差する部分は、太めの『透明ガムテープ』できっちりとめていきます。
できる限り”平ら”になるように、まとめていくのがポイントです。
テレビ裏配線整理
強引にまとめました。ちょっと汚いかしら…?(笑)

STEP2. テレビ台を壁にピッタリつける(”後ろ”から見てスッキリ)

貼り付けたコード類がはがれないように、壁にテレビ台を押し付けます。
(コードが痛まないように、押し加減は気をつけて…)
※STEP1でコード類を”平ら”に貼り付けないと、壁との間に隙間ができてしまう
テレビ裏配線整理
後ろからコードが見えず、スッキリ♪

STEP3. 前から見えるコンセント部分は、『お気に入り洋書』で隠す

コード類は上手く隠しましたが、このままだとコンセント部分が前から見えてしまいます。
テレビ裏配線整理
これを隠すために、手持ちの洋書(インテリア雑誌たち)を積上げました。
テレビ裏配線整理
全体像はこんな感じ。
コンセント部分が上手く隠れて見えなくなりました。
テレビ裏配線整理
隠す方法は、本ではなく、お気に入りのカゴなどでも良いと思います。
私も以前は無印のカゴをこのように置いていました。
テレビ裏配線整理

今回は、よりシンプルに見せたかったので洋書を使用。
テレビ裏配線整理 お金をかけずに、家にあるテープや雑誌を使って、コード類をスッキリ整理&隠すことができました。

<※注意※>
この方法はコード類をテープで直接テレビ台にとめるので、頻繁にコード類を付け替えたり、位置を変えたい場合には向きません。その場合はテープではなく、ゴムや針金を使ってコード類をまとめたり、市販のコード収納BOXを使った方が良いかもしれません。