おしゃれなカウンターキッチン下収納:5つのルール&実例

フライパン・鍋類の収納

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています。

私は現在賃貸マンション暮らしです。
賃貸マンションはキッチンスペースが限られます。
さらにリビングから丸見えな『カウンターキッチン』です。
ゆえに、私は以下2つを心がけています。
・生活感がでないように、キッチン周りはすっきり
・効率的で使いやすいキッチン

今日はマンション暮らしでも実践できる、キッチン下収納アイデアについてご紹介します。

まず我が家のキッチン収納をご紹介

我が家は、リビングから丸見えなカウンターキッチンです。
キッチン全体像収納は、カウンターキッチン下に5つあります。
キッチン全体像 食器・道具・調味料類は、全てこの5つの収納にしまっています。

スッキリ収納のための5つのルール

重要なポイントは以下の5つです。

1. 仕切りを作ってモノの定位置を決める
出したら必ずそこにしまいます。

2. 立てて収納
「立てる」ことで、モノが多くてもスッキリ収納できます

3. 上下に重ねない
重ねると下のものが取り出しにくくなります。重ねずに「立てて」収納します

4. 見えるように収納
引き出しを開けて「一目に入る範囲」がポイント

5. よく使うものは手前に
使いやすさの基本

5つのルールに基づいたキッチン収納実例

<スパイス類>スパイスラックスパイス類は上からみたときに中身が分かるように、カレーパウダー、カイエンヌペッパー…のように、中身を書いたシールを貼っています。


<鍋、フライパン、オイル類>
フライパン・鍋類の収納鍋、フライパンは、100均や無印で買ったプラスティックの箱(書類置き等)を置き、定位置を決めて収納。左手前はオイルコーナー。
縦に収納することで、出し入れしやすい&どこに何があるか一目瞭然です。


<カトラリー、ラップなどの小物類>
ラップ・カトラリー類の収納100均の箱に、カトラリーを種類毎に分けて入れています。
右奥のタッパーには、しゃもじや皮むき器などの器具類を。
油性ペン、付箋、クリップ、ワセリンもこの引き出しに一緒に入れています。


<ボウル、ざる、器具類>
ボウル、ザル収納ブックスタンドや無印の箱を使って仕切り、定位置を決めて収納しています。
キッチン収納ザルボウル手前にある洗濯ネットには、排水溝ネットや小さなビニール袋を入れています。
引き出し側面に、洗濯ネットを透明ガムテープでつけました。


<食器類>
食器収納全ての食器がここに収まっています。
ポイントは「定位置を決めて、立てて収納」です。
無印の箱・書類入れを使っています。
最近お皿をいくつか買い足しましたが、立てて収納することできちんと収まっています。

キッチン下収納の5つのルール(再掲)

このようにルールをきちんと守れば、モノが増えてもスッキリしたキッチンを維持できます。皆さんもモノが増えた時こそ、ぜひ下記原則に立ち返って整理してみてください。

  1. 仕切りを作ってモノの定位置を決める
  2. 立てて収納
  3. できるだけ上下に重ねない
  4. 見えるように収納
  5. よく使うものは手前に