emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

キッチンタオルはシンプル・無地を『3種類』使い分ける

   

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています。

キッチンでは、どんなタオルを使っていますか?
キャラクターのタオル、もらい物のタオル…
統一感のないタオルがキッチンに氾濫していると、生活感があふれて見えます。
今日は私のこだわりのキッチンタオルと、その使い方ルールについてご紹介します。

タオル3種類を使い分け

吸水性に優れた今治タオルを愛用。
キッチンには常に3種類のタオルを置いています。
そして色・大きさ毎に役割を決めています。
今治キッチンタオル・茶色の小タオル(左):台拭き用
・ベージュの小タオル(中):洗った食器を拭く用
・茶色の大タオル(右):洗った食器を一時的に置く用
⇒食器は洗ったら、すぐに拭いて収納。洗った食器を一時的に大タオルの上に置いています

この3種類を5セット程用意し、毎日取り換えています。
タオル戸棚には大きさ・色毎に分けて収納。

キッチンタオルのルール~役割によって色・大きさを分ける

私のキッチンタオルに関するこだわりは、以下2つです。

  1. 全て無地で統一
  2. 役割によって色・大きさを分けている

1. 全て無地で統一
タオルはあくまで脇役なので、無地で目立たないシンプルなものがお勧めです
キッチンのテーマカラーや雰囲気に合わせて、同じものを複数揃えるのが良いと思います。
私は模様付きタオルはジム・ヨガ用にし、家で使うタオルは全て無地に統一しています。


2.役割によって色・大きさを分けている

タオルはパッと見て分かる種類毎に役割を分けています。
旦那さんにも「台拭きはこの茶色のやつね」「ベージュでは台を拭かないでね」とお願いしています。どれを何に使うかが一目瞭然なので、ストレスなく使ってくれます。

このルールを導入した理由は、実家でのタオル扱いがとても分かりにくかったから。
色物・模様付のタオルが多くて、台拭きと手拭きの区別がつかない。
あるタオルでテーブルを拭いたら「お客さんの手拭き用だから、台を拭かないで」と母親に注意されたり。
皆が間違えるせいか、どのタオルも薄汚れていました。
そのため、台を拭くものはこげ茶で汚れが目立たないもの、皿拭き用は明るめのもの、とルールを分けることにしました。

最近は100円でも質の良いシンプルなタオルが手に入るので、思い切って揃えて分かりやすくするのがお勧めです!