emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

【本棚の整理収納】すっきり暮らすために我が家で決めているルール3つ

   

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています!

我が家には、夫婦で共有している本棚が1つだけあります。
本棚 本はこの本棚に納まる分しか持ちません。常に本の量を一定に保つようにしています。
本を増やし過ぎないように夫婦で3つのルールを決めて守っているので、家中が本で溢れたり、本が床に積み上がって部屋がごちゃごちゃすることはありません。

本を一定量に保つために、我が家で決めているルール3つ

我が家で決めている本に関するルールは3つです。

<ルール3つ>
1. 本は本棚(家に1つ)に入る分しかもたない。入らない本は処分する(売る)
2. どうしても残したい本は、電子書籍に代えるか、キンドル版を購入する
3. 将来同じ本が欲しくなったら、その時また購入すればよい(”投資”と割り切る)

1. 本は本棚に入る分しかもたない。入らない本は処分する(売る)

本棚が一杯になってきたな~と思ったら、本の処分を行います(四半期~半年毎)。大半の本は売ってお金に変えます。
シルバーウィーク中も旦那さんと本の整理&処分をおこないました(⇒後述)
img_2802

2. どうしても残したい本は、電子書籍に代えるか、キンドル版を購入する

「本棚に入りきらないけれど本が欲しい」という場合は、キンドル版を購入します。
本当は全てキンドルにすれば収納問題はなくなるのですが、やはり紙媒体で持ちたい本もあるので、そこは使い分けます。
マンガ類は基本キンドルで購入です。
以前は紙の本を業者に送り、PDF化してもらうサービスも利用していました。最近はほとんど使っていません。

 

3. 将来同じ本が欲しくなったら、その時また購入すればよい(”投資”と割り切る)

いつかまた読むかもしれないから…と言って読まない本を大量にとっておく人がいますね。読まれない本も可哀想ですし、保管スペースももったいないです。
我が家は「しばらく読む予定なし」と判断した本は、ためらわずに売ります。
もし将来「同じ本をどうしても読みたい」となったら、また購入すればいいと割り切っています。
今はキンドルでも買えるし、メルカリやamazonで中古本を安く買うことができます。種類によっては、図書館で借りることもできます。

読まない本をとっておくスペースの余裕はないし、読まない本が床に積み上がって部屋がごちゃごちゃする精神的ストレスは我慢できません。
本が床に置いてあったら、ルンバが通れなくて床が汚れますしね。
読まない本はすぐに処分、読みたくなったらまた買えばいい。そんな思い切りが必要です。
(そのために本は中古で売って、お金を稼いでいるのです。)

とは言っても私の場合、一度処分してまた同じ本を欲しくなることはほとんどありません。
旦那さんは、ちょいちょい同じ本を買い直しているようです。でも基本仕事に関係する本なので、お金を払ってまでもう一度欲しいと思う本は、彼のビジネスに良い影響があるのだろうと判断し、”投資”と割り切って妻は特に何も言いません。
さすがに漫画や小説を何度も買いなおしてたら、怒りますけどね(笑)

本棚整理で本を50冊処分(※捨てるのではなく売ります)

我が家では本棚の段毎に旦那さんと私でスペースを分けています。
本が増えてスペースに納まりきらなくなると、一緒に本棚整理を行います。

最近また本が多くなり、本棚の扉が閉まらない状態になっていました。
本棚整理 本棚の上にもモノが置かれて悲惨な状態。整理収納アドバイザーとしてお恥ずかしい。。。
ということで、シルバーウィークに旦那さんと本棚整理を実施しました。

<本棚整理>

まず本を本棚から全部取り出します。
本を全部出す読む本、読まない本を判別していきます。

読む本のみ、本棚に戻していきます。
本棚整理

本をしまう位置は、自分が見やすくて使いやすければOKです。
私は本の分類や大きさ毎にざっくり分け、お気に入りの本を見えやすいところに置いています。

今回は夫婦合わせて50冊の本を処分することになりました。
本を処分
既に読んだ本が大部分ですが、一部読んでない本もあります。(←特に私)
読んでなくても、興味がなくなったり、読む予定がないものは処分します。

本を処分といっても、捨てるのではなく売ります。
以前は『amazon買取サービス』+『ネットオフ』を併用していましたが、最近『amazon買取サービス』が停止されました。他サービスよりも高く売れたので残念です。

今回はamazonアカウントで利用できる『リコマース宅配買取サービス』を使うことにしました。申し込みをして、本を家まで取りに来てもらえるサービスです。(ダンボールも事前に送ってくれます)『ネットオフ』と同じようなサービスですね。

おそらく50冊を売っても1,000円にもならないでしょうが、本棚がすっきり使いやすくなるので助かります。
本も新しい持ち主のもとで、読まれるようになったら幸せですね!!

※後日追記※
今回50冊売って、なんと12,000円になりました。思ったり高額!
リコマース宅配買取サービス』結構おすすめです。

我が家の本棚も、扉がしまるようになりました。
すっきり快適!これでまた新しい読書がはかどりますね。
本棚

 

みなさんもぜひ、ご家庭でルールを決めて、本やモノに埋もれないすっきり生活目指してくださいね!!