emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

ごちゃつかない、カトラリー収納のポイント2つ

   

家の片付けをしたり、他のご家庭の整理収納をする中で思うのが「カトラリーの収納って結構難しい」ということ。
日々良く使う細々したものが小さなスペースに詰め込まれていて、満員電車の山手線みたいな状態になりがちです。

私はB型なので(!?)、こま~かく採寸をとるのがあまり好きではないのですが(仕事だときちんとやりますが)、カトラリー収納だけは「絶対にきっちり採寸すべき!」と声を上げて言えます。
小さいスペースだからこそ、どれだけ秩序立てて美しく収納できるかが重要なのです。

毎日たくさん使う場所だから、ストレスフリーな収納にしたい。
今回はカトラリー収納のポイントについて、マンション暮らしの我が家の事例もお見せしながら説明したいと思います!
カトラリー収納

カトラリー収納は人種のるつぼ。まるでマンハッタン!?

箸、スプーン、フォーク、ナイフ、箸置き、調理器具、竹串、ようじ、ワインオープナー、付箋、ペン…ありとあらゆるジャンルのモノがカトラリー収納には詰め込まれています。
狭いスペースにぎゅうぎゅうに。
家でご飯を食べる人は日に何度も開け閉めするところなので、使いにくいとストレス大。

カトラリー収納って、まるでいろんな人種・国の人がたくさん押し込まれた小島のようですね。まるでマンハッタン!(笑)

重要なのは『区画整理』 すなわち”分類”と”採寸”

狭いスペースにありとあらゆるものが詰め込まれたカトラリー収納なので、家の他の収納場所に比較して、緻密な『区画整理』が必要です。
区画整理に際して、重要なのが2つ。
『分類』と『採寸』です。

カトラリーの『分類』とは?

サイズや種類によってカトラリー・用具類をグループ分けすること。例えば…
・箸
・スプーン、フォーク、ナイフ(大)
・スプーン、フォーク(小)
・箸置き
・ピック
・調理用具(大)
・調理用具(小)
など。
同じスペースに住めそうな人たちをグループとしてまとめていきます。
そしてグループがいくつあるか把握しておきます。

何を『採寸』するの?

採寸するのは大きく2つです。
カトラリー収納スペース(引き出し)の大きさ。縦・横・深さを測ります。
カトラリー収納

次にカトラリー自体の大きさ。
箸、ナイフは何cmあるか?ミニフォークのサイズは?
カトラリー収納

『分類』と『採寸』がきちんとできれば、どんな収納グッズを使って何を収納していくか、キレイに決めることが出来ます。
区画整理で失敗しません!

サイズに合う収納ケースって、どこで手に入るの?

引き出しに収納ケースを入れて、分類したカトラリー類をピッタリ当てはめていく作業はパズルのようです。
でも問題になるのが「そんな収納ケースどこで手に入るの?」ということ。

大丈夫。100均と無印に行けばたいてい揃います。
100均や無印が近くにない方は、ぜひLOHACOを活用してください。1900円以上送料無料で次の日には配達してくれます。お安い収納グッズが豊富です。

私が使っているのは3種類のケース。

①無印の縦長ケース。
お箸やナイフがちょうど入る大きさです。
カトラリー収納

②無印の仕切調整ケース
ミニスプーン、フォーク用に。ケースから少し飛び出るけど問題なし。
カトラリー収納

③ダイソー100均の仕切調整ケース
箸置きやピックの収納に。
img_4648

コツは、まず箸やナイフなど大きいものをしまうケース(①)を先に決めから、残ったスペースを考えて小物を収納するケース(②③)を選ぶこと。小物用のケースは②③のように仕切調整可能なものでなく、小さいサイズを複数組み合わせて使っても良いと思います。

これらの収納グッズを当てはめていったら、引き出しにピッタリ!きちんと採寸しているからなせる業です。
収納ケースがピッタリ当てはまるのは快感!ルービックキューブが6面揃ったときみたいな気分です♪
カトラリー収納

収納ケースのサイズが合わずに隙間が出来すぎると、引き出し開け閉めの際に中のモノが動いて使いにくいので注意!

ストレスフリーなカトラリー収納を目指しましょう

きちんと分類してケースを分けて収納すれば、どこに何があるか一目瞭然。とても使いやすいです。

採寸してピッタリな収納ケースを見つけるのは大変な作業かもしれませんが、一度やってしまえば後がずーっとラク。
週末にルービックキューブで遊ぶ気分で、ぜひ楽しみながらカトラリーの整理収納してみてください♪

ごちゃつきがちなカトラリーを上手く収納して、ストレスフリーな毎日を送りましょう~!