emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

狭キッチンの収納実例① 粉・調味料はスッキリ「見せる収納」

   

今日から数回に分けて、『狭キッチンをどうやってスッキリ使いやすくするか』について、キッチン収納やインテリアの工夫についてまとめていきたいと思います。
*********************
キッチンは私にとって大切なスペースです。旦那さんと一緒にご飯を作ったり、ホームパーティーの際に料理をふるまったり。コミュニケーションの場として重要な役割を果たしています。1LDKの我が家のキッチンは、対面ですがそれほど広くありません。収納がほとんど無いのが悩みです。そして仕事柄&人を家に招くことが好きなため、家電や調理道具、食器類がたくさん。
狭い空間でもいかにスッキリ・使いやすく・居心地良い空間にするか日々心がけています。
対面キッチン*********************

今回は「粉類・調味料の見せる収納」についてです。
キッチンに扉・引出付の収納がほとんど無い場合は思い切って「見せる収納」を。使いやすいし在庫量も一目瞭然。ただしデザインを統一してスッキリ見せることがポイントです。
スパイスジャー

粉類の見せる収納~ニトリのガラスキャニスターを使って

本ブログで最近良く読まれる記事が、キッチンの粉類・調味料収納についての記事です。
キッチンの粉類収納に、ニトリの『ガラスキャニスター』が超使いやすい!
キッチンの粉類・調味料の収納におすすめ!ニトリのキャニスター3種類

私も経験しましたが、粉類を収納するのに最適なサイズ・デザイン・値段の収納ストッカーが、お店やネットでなかなか見つかりません。使いやすいモノはプラスティックやゴムで見た目が安っぽかったり、素敵なものは重くて値段が高かったり。

私が粉類収納に使っているのは、ニトリの蓋から中身が見えるガラスキャニスター
サイズ・デザイン・値段のバランスが抜群で一個当たり200円~400円というプチプラ! 家に遊びに来た友人に「この収納良いね」と褒められることが多いです。

棚のサイズに合わせて並べて収納

ニトリの蓋から中身が見えるガラスキャニスターには0.5L~1.7Lの5サイズあり、私はそのうち4サイズ持っています。キッチンに本棚を置いて、ガラスキャニスターを並べています。収納棚の幅に合わせて、サイズ・個数を調整しました。
見せる収納
置いているサイズと使用用途は以下です。ガラスキャニスター<一段目>
①1.2L(幅11.4×奥11.4×高14.5cm)⇒紅茶、ルイボスティー、粉砂糖
②0.75L(幅9.2×奥9.2×高14.5cm)⇒ハス茶
<二段目>
③1.7L(幅11.4×奥11.4×高18.5cm)⇒薄力粉、強力粉、グラニュー糖、きび砂糖
④1L(幅9.2×奥9.2×高18.5cm)⇒玄米茶

この中で使いやすいのは①③。太さ(幅x奥行)があり、口が大きめなので手を入れて中のものをとり出しやすい。②④は口が小さく手が中に入らないので、中のものが取り出しにくいです。
全部①③で統一したかったのですが、収納棚の幅の都合上②④をひとつずつ加えました。

中に入れるもの、取り出しやすさ、収納棚の幅を考えて、サイズ・個数を選ぶと良いと思います。

ガラスキャニスターは中身の残量がすぐ分かるし見た目もシンプル。料理やお菓子作りの際にさっと取り出して使うことができます。「家族にとっても分かりやすく使いやすい」というものポイントです。

調味料の見せる収納~安くて便利なスパイスジャー

同じ収納棚の上にスパイスジャーも置いています。スパイスジャー4個セット(スパイスジャー)
4個セットで税込307円というプチプラ!IKEAでも同じ商品が売っていますよね!当初は4個だけ買いましたが、使いやすくてこの1年で12個に増えました。ずらっと並べるだけで料理が得意そうな人のキッチンに見えます(笑)
スパイスジャー12個のスパイスジャーには以下を入れています

(調味料)ベイリーフ、八角、鷹の爪
(ナッツ類)ピーナツ刻み、くるみ刻み、アーモンド刻み
(デザート用)溶けない粉砂糖、フランボワーズのフレーク
(その他)重曹、黒ゴマ、塩黒ゴマ、青のり

調味料は「見せる収納」でどんどん使おう!

これまで棚の奥にしまっていた調味料類をガラス瓶に入れて並べることで、料理の際にどんどん使うようになり、前より深みのあるお洒落な料理を作れるようになりました!

例えば、刻んだナッツ類はサラダの上にパ~とかけるとおしゃれです(ナッツは予めローストしたもの。酸化しやすいので早めに使いきること)。溶けない粉砂糖やフランボワーズのフレークは、普段やおもてなしのデザートにトッピングとして使っています。少し粉砂糖をふっただけでぐっとお洒落なデザートプレートに。

いづれもの材料も毎日の料理に必須なものではないですが、あえてこうやってキッチンに出しておくと、自然と使うようになって食卓が華やぐのでオススメです。せっかく気合を入れて買っても、戸棚奥にしまうと存在を忘れて使わなくなってしまいますから。
ぜひ調味料・トッピング類は、キッチンの分かりやすいところに置いて、普段の料理でじゃんじゃん使ってください☆

普段料理にサッと使えるスパイスコンテナ

普段料理で使う塩・砂糖・片栗粉などの調味料類は、対面キッチン後ろの棚の上に並べています。
スパイスコンテナ使っているのはスパイスコンテナ。片手でさっと開けやすく、取り出しやすいのがポイントです
スパイスコンテナ

キッチンスタンドタワーを二つ並べて、そこにスパイスコンテナを6つ並べています。
山崎実業 キッチンスタンド タワー

スパイスコンテナ使いたいときに、さっと振り返って手を伸ばして使えるので便利! ※ただしこのスパイスコンテナは密閉性がないので、普段使う分だけを入れて置くのが良いです。
(参考記事:良く使う調味料入れは、収納・デザイン・使いやすさに優れた「スパイスコンテナ」に決まり!

「見せる収納」で重要なのは、デザインを統一すること

今回3種類の「見せる収納実例」をご紹介しましたが、全てに共通して言えることは、シンプルな色やデザインで統一していることです。
私はキッチンの雰囲気に合わせて全て透明・白・ステンレスで統一しています。なのでモノが多い割にはスッキリして見えます。狭キッチンにいろんな色やデザインのモノを置くと、ごちゃついて見えるのでご注意を。

また収納の形はできるだけ「四角」が良いです。丸だとデットスペースができるので。四角なら隙間なく並べることができて効率的。
ガラスキャニスター

ぜひキッチンの雰囲気に合わせて、スッキリ「見せる収納」にチャレンジしてみてください!

こちらの記事も参考になれば嬉しいです!
狭キッチンの収納実例① 粉・調味料はスッキリ「見せる収納」
狭キッチンの収納実例② 側面&デッドスペースの有効な使い方
狭キッチンの収納実例③ キッチンの収納力を2倍に増やす方法
狭キッチンの収納実例④ モノが多くてもスッキリ見せる方法