emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

狭キッチンの収納実例④ モノが多くてもスッキリ見せる方法

   

前回に引き続きキッチンの収納・インテリアの工夫についてまとめていきます!
前回の記事でもお話しましたが、我が家のキッチンはこの一年間でモノが4倍くらい増えました。

<2016年1月>
キッチンbefore↓↓↓
<2017年1月>
対面キッチン同じ人の同じ家とは思えないほどの増えっぷりです(笑)でもモノが多い今の方が使いやすいんですよw

賃貸マンションで備え付け収納がほとんどないため、多くのモノが出しっぱなし「見せる収納」です。
「見せる収納」だと、見た目ごちゃごちゃになりがちですが、「キッチンに置くものの色を徹底的に統一」して、すっきり見せるように心がけています!

キッチングッズは白・黒・ステンレスに徹底的に統一

キッチンは狭いスペースなので、モノ・色が多いとさらに狭く見えます。
私は基本的にキッチンにある全てのグッズは、白・黒・ステンレスに統一しています。

ケトル、トースター、バイタミックスなどの家電も、メーカーは違うけれど色を統一しました。
キッチン

粉類・調味料類のガラス瓶もデザインを統一。
キッチン

生活感が漂いがちな洗剤、スポンジ、タオルも、極力モノトーンで揃えるとスッキリ見えます。
洗剤はマーチソンヒュームがお洒落でおすすめです☆
Murchison-Hume ディッシュウォッシングリキッドWHG 480ml

キッチンにモノトーンの絵を飾ってます

キッチンに飾る絵も、白・黒のモノトーンで統一。
キッチン

我が家は対面キッチンで、リビング・ダイニングに面しているので、殺伐とした雰囲気を和らげるために、キッチンに絵を飾りました。

同じ額縁に入れて三点飾っています。石膏ボードの壁に「画鋲」でとめました。
額はamazonで1つ500円弱で購入。安いですが、安っぽく見えないのでおすすめです!
HAKUBA フォトフレーム スクウェア L サイズ ブラック

3つの絵は均等なリズムで並べるとおしゃれにみえます。
「1つだと寂しい、2つだとカッチリしすぎる、3つだとリズムが出てバランスよく飾れる」というのはインテリアのルールで良く言われることです。

絵を飾ることで、殺伐としていたキッチンの雰囲気が柔らかくなり、リビング・ダイニングに続いた「楽しくリラックスして過ごせる場」に変わった気がします。
今はモノトーンの絵を飾っていますが、あえて絵や額縁をビビッドな色にするのも良いかもしれません。私も今後いろいろ試してみたいと思います!
キッチンは家の中でも過ごす時間が比較的長い場所なので、すっきり見せつつ、自分の好きなものを飾って、居心地の良い空間にしたいですね!一緒に頑張りましょう~☆

こちらの記事も参考になれば嬉しいです!
狭キッチンの収納実例① 粉・調味料はスッキリ「見せる収納」
狭キッチンの収納実例② 側面&デッドスペースの有効な使い方
狭キッチンの収納実例③ キッチンの収納力を2倍に増やす方法
狭キッチンの収納実例④ モノが多くてもスッキリ見せる方法