emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

30歳過ぎて欲しいのは、一生もののインテリア~ハンス・ウェグナー椅子との出会い

   

久しぶりに高価な買い物をしました。
インテリアコーディネーターの合格祝い&今後2年分くらいの誕生日をかねて自身へプレゼントです(笑)
購入したのはデンマークの巨匠ハンス・ウェグナーの椅子。
ウェグナーの椅子30歳を過ぎた私が欲しいのは、洋服でもバッグでも化粧品でもありません。
”一生もののインテリア”です。
死ぬまで大切に使えて、子供・孫の世代まで伝えていけるもの。
化粧品はここ2年リップと眉ペンシルしか買っていないし、洋服も独身時代のものやユニクロを着まわしている私ですが、インテリアにはお金をかけたい。
素敵なものに投資したいから、資格試験も仕事も結果を出せるように頑張るし、無駄な飲み会・モノへの浪費でお金を使わないようにしています。
自分自身を着飾るより、家族と住む家にお金をかけたい。結婚して30過ぎて、価値観がガラリと変わりました。

デンマークの巨匠ハンス・ウェグナーの椅子

ハンス・ウェグナー(1914~2007)は、椅子を500種類以上もデザインしたというデンマークを代表する家具デザイナーです。Yチェア、ザ・チェアなどで有名ですね。
私が購入したのはGE284という1984年にデザインされた椅子。デンマークのGETAMA社で生産され現地で使われていたものを輸入したビンテージ品。

オーク材の味のある色合い。使い込まれた感じも素敵。横顔もかっこいいのですが・・・
ウェグナーの椅子
もっと惚れ惚れするのは後ろ姿。超美人~! 女性でも背中がきれいな人って美人に見えますよね☆

ウェグナーの椅子座面カバーはブルーとグリーンのスペイン製ものに張り替えられています。

どんな観点で椅子を選んだのか?

最近ソファが旦那さんに占拠されるので、自分がゆったり座れる椅子が欲しい~と思い一人掛けソファを探していました。
インテリアコーディネーター試験に合格したら絶対買うと心に決め、先日合格通知が来たので購入解禁!

選ぶ際の条件は3つでした。
①座り心地が良いこと(一人掛けソファ、イージーチェア)
②我が家の雰囲気に合うデザイン
③長く使えるもの

良いものをできる限り安く買いたいと思い、中古家具屋やビンテージショップなどいろいろ見て周りました。

今回購入した椅子は、実は2ヶ月以上前から気になっていたもの。予算オーバーで諦めていたけれど、一生ものへの投資だと思い切り、昨日お店に行って購入しました。

リビングの雰囲気に合うデザイン・色が重要!

我が家は「木」の家具が多く、リビング・ダイニングのテーマカラーを「ブルー」にしています。
ソファクッションはブルー&グリーン、絵画はブルーをベースにしたもの、ダイニングチェアのカバーもターコイズです。
「木」&「ブルー」の世界の中に、この椅子はピッタリ!何年も前から我が家にあったような雰囲気です。
ウェグナーの椅子

インテリアを選ぶ際には、部屋のテーマカラーを決めて、それに合うものを選んでいくと統一感がでてスッキリします。
ただ同じカラーでも微妙に色のニュアンスや質感を変えたものを選ぶのがポイント!
全部統一しすぎると面白みが無く、垢抜けない印象になる気がします。
「自分の基準」をきちんと持っておくと、決めるときに悩まなくて済むし、思い切った判断もできますね!!

自分専用の素敵な椅子があるのはなんて幸せなことでしょう・・・。
これからもこの椅子に座ってブログ更新し続けます!