emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

トップデザイナーから学ぶ、インテリアのセンスを身につける方法

   

インテリアにはセオリーがあります。それを知っていれば、家をセンス良くコーディネートできます。

私がインテリアのセオリーを本格的に学んだのは、2017年3月にインテリアデザイナー飯沼朋子さん主催の「美空間スタイリスト養成講座」を受けてです。

飯沼朋子さんはインテリアデザイナーとして20年以上のキャリアをもち、英国インテリアデザイン協会の正会員でもあります。
毎年JAPANTEX(インテリア展示会)の講演講師もされており、著書も出しておられるインテリア業界で有名な方です。
普通なら中々出会えない方なのですが、大変幸運なことに、飯沼さんから直々に「美空間スタイリスト養成講座」を受けることができました。インテリアコーディネーターに成り立ての私にとって、まさに2017年最大のイベントでした。

スポンジのようにインテリアのノウハウを吸収した2日間

「美空間スタイリスト養成講座」は、飯沼さんの長年の経験&ノウハウが詰まった講座です。「日本の住居をより質の高いものにしたい」という思いから始まっているため、学んですぐに自分の家で活用できる知識がふんだんに入っています。英国インテリア事情に詳しい飯沼さんから海外の最新情報も得ることができます。

講座は2日間ですが、目から鱗どころか、目から魚が落ちるときもありました。ものすごく論理的で実践的。楽しくて楽しくて、まるでスポンジのようにぐんぐんと知識を吸収している自分がいました。

カリキュラムは5章で構成されています。

第1章 オリエンテーション、「好き」を知るワーク

この章では、まず「自分の好き」が何かを客観的に知るために、ムードボードを作ります。
ムードボードとは、雑誌やインテリア本から自分の好きな家具、小物、アート、素材などの写真を切り取って一つにまとめ、「自分が好きだ」と思う世界観を作り上げることです。

自分の好みのインテリアがあるけれど、それを上手く表現したり人に伝えることは難しい。
ムードボードを作ることで「自分の好き」を客観的に明確に整理することができます。

ムードボードの作り方にもコツやステップがあり、分かりやすく教えてもらいながら進めていきます。
美空間スタイリスト講座

 

第2章 家具の配置(良い例、悪い例)/ 理論と実践/家具の選び方

この章は本当に勉強になりました!!目から鱗の連続です!
「あ~!自分の家の家具配置、間違えてたわ」と気づきます。
たいていみんな間違えています。
どうすれば、センス良く見えて、居心地良くて、動線的にも優れた家具配置をできるか。そのルールを教えてもらえます。
帰宅したらすぐに模様替えしたくなります。

 

第3章 照明の手法(良い例、悪い例)/理論と実践/照明器具の選び方

インテリアにおいて照明の効果は抜群です!効果的な照明の種類、器具、配置になどについて学んでいきます。
これまで照明に対してあまり意識を向けてきませんでしたが、この講座を受けてから、意識がガラリと変わりました。我が家もダウンライト照明から、間接照明を使ったリラックスできる照明空間へ変わりました。

美空間スタイリスト講座

 

第4章 色のこと/壁紙のこと/カーテンのこと/内装材の選び方

飯沼さんは、JAPANTEXで輸入壁紙について講演されたり、本を出版されるほど壁紙に精通しています。
白いビニールクロスに囲まれて30年間生きてきた私にとって驚くことばかり!世界にはこんなに素敵な壁紙があるのですね!

実際に色のサンプル、壁紙、カーテンを見ながら、学んでいきます。
美空間スタイリスト講座素敵なカーテンがいっぱい!
美空間スタイリスト講座
新しい家に引っ越したら、カーテンに力を入れよう。そんな決意が沸きました。

 

第5章 フィニッシングタッチ(装飾の手法)/自分スタイルの完成

最後にインテリアをどのように完成させるか「装飾の手法」について学びます。
いわば、エクササイズで引き締めた身体にセンスの良い服で身を包んだ人をどんな風にメイクアップしてさらに素敵に見せるか。
インテリアの完成を追求していきます。ここにも歴史・セオリーがあるのです。

さらに、第1章で作ったムードボードを完成させて「自分スタイル」を確立していきます。
美空間スタイリスト講座

 

美空間スタイリスト養成講座を受けて何が変わったか?

この講座を受けて、私はインテリアへの向き合い方が180度変わりました。

・情報収集の質・速度がガラリと変わった
→これまで漫然とインテリア雑誌やHOUZZを眺めていましたが、講座を受けてから情報収集の視点がガラリと変わりました。
「このインテリアはこのセオリーに基づいている」「この写真はなぜ素敵なのか」「ここをこうするともっと良くなるのに」など「なぜ?」「どうすれば?」の視点で情報を見られるようになったのです。
同じ雑誌を読んでいても知識の収集量が全く違いますから、どんどんセンスも磨かれていきます。

・インテリアの良い悪いがはっきり分かるようになった
→自分の家でも、クライアントの家でも、「こうしたら良い」ということがはっきり分かるようになりました。
セオリーや、そうなった歴史的背景が分かっているので、話にも説得力が増しました。

・「自分の好き」が良く分かったので、家のインテリアを選ぶときに悩まなくなった

→ムードボードで「自分の好き」をとことん突き詰めたので、家のインテリアを整える際に、買い物で悩んだり、無駄な買い物をしなくなりました。「絶対にこれ良い」と思ったものが、ぴったりと我が家にはまります。

学んだことをベースに、作り上げた自分の家

私が美空間スタイリスト養成講座を受けたのが2017年3月。その1ヵ月後に新居(賃貸)に引越しました。引越先のインテリアは、講座で学んだことにベースに整えています。

家具の配置、フォーカルポイントの作り方、照明、カーテン・・・
ムードボードで整理した「自分の好き」に囲まれた空間。

【私が作成したムードボード 2017年3月】
美空間スタイリスト講座↓↓↓
【引越し先のインテリア 2017年6月】
ムードボードの世界観を反映して。講座で学んだ知識をベースに作って。
リビング

まだまだ腕を磨かなければなりませんし、お家も完成途中ですが、講座で学んだこと、ムードボードで整理した世界観を実践に落とし込みながら今の家を作っています。

おそらく美空間スタイリスト養成講座を受けずに引越ししていたら、きっとNG家具配置を連発し、ダウンライトで煌々と照らされて、ベージュやグレーなどの無難な色に包まれた垢抜けないインテリアになっていたでしょう。
また仕事にも今ほどの広がりはなかったと思います。

インテリアコーディネーターに成りたての時期に、飯沼朋子さんに出会い、美空間スタイリスト養成講座を受けることができたのは、私の人生で本当に幸運な転換期でした。

ぜひ講座に興味がある方、インテリアのセンスを磨きたい方、『美空間スタイリスト養成講座』を受けてみてください。
間違いなく楽しいですし、一生役に立つ知識が身につきますよ!!
美空間スタイリスト養成講座
11期 10月17日(火)、18日(水)
12期 11月24日(金)、25日(土)
13期 12月06日(水)、07日(木)