emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

インテリア&ホームパーティーを極める!何よりも家が大好きな30代女子のブログ

グッドデザイン&機能的なドイツ製MONOガラスティーポット

   

こんにちは、EMIです。今日も楽しく元気に、居心地の良い家作りを追求しています。

今日は私のお気に入りアイテムであるMONOのティーポットのご紹介です。
デザインが素敵なうえ、機能性も抜群で超おすすめなのです。

インテリアにもなる!超おしゃれなティーポット

現在愛用しているティーポットは、ドイツ製MONO Filioのガラス製ティーポットです。
MONOティーポットドイツ製 mono (モノ) フィリオ ティーポット0.6L [Filio Teapot]
0.6リットル。約2万円

知り合いがこのティーポットを持っており、とても素敵でずっと欲しくて。
結婚祝いとして姉達にプレゼントしてもらいました。

ステンレス製のふたと、曲線の持ち手が美しい。とても絵になる存在です。
私はインテリアとしてキッチンに出しっぱなしにしています。

機能的にも素晴らしいティーポット

MONO filioはおしゃれなだけでなく、とても使いやすいです。

パーツは3つでとてもシンプル。洗いやすいです。
ステンレスのストレーナー、ステンレスの蓋、ガラスのポット
MONOティーポット

ティータイムに紅茶を入れたいと思います。

ティーポットを温め茶葉を入れます。口が大きくて入れやすいです。
MONOティーポット
お湯を注ぎます。
茶葉がふわーっと広がります。
MONOティーポット
美味しい紅茶を入れるためには、この茶葉の動き「ジャンピング」が重要なのです。
MONOはジャンピングがうまくできるような構造になっています。

蓋をして待つこと約3分。いい香りが。
MONOティーポット

紅茶ができたら濃くなりずぎないように、ストレーナーをはずして茶葉を捨てます。
ストレーナーはサッとはずせます。そして洗うのもの簡単
MONOティーポット
これなら、いっぱい作ってもストレーナーを外して蓋をすれば、
濃くならず冷め過ぎず美味しく紅茶を頂けます。
MONOティーポット

完全な技能に結びつけられた斬新なデザインは長く愛される

このティーポットを知るまで、私はMONOというメーカーを知りませんでした。
MONOはドイツの銀食器類とテーブルウェアのメーカーです。
”完全な技能に結びつけられた斬新なデザインは長く愛される”というポリシーをもって、商品をデザイン・製造しているとのこと。

確かに家で使うにあたり、どんなにスタイリッシュでも使いにくいものはイヤ。
一方で日本のキッチン家電のように、機能にばかり特化しすぎてデザインがいまいちなのもイヤです。
おしゃれと機能が両立していることが重要です。

両方を兼ねそろえたお気に入りのティーポット。
壊れて使えなくなるまで、一生大切に使い続けたいと思います。
MONOティーポット

(参考)ティーポットのサイズ

MONOティーポットの大きさは0.6Lと1.5Lがありますが、
2-4人で飲むのでしたら0.6Lで十分と思います。我が家で使っているのは0.6Lです。

ドイツ製mono (モノ) フィリオ ティーポット1.5L [Filio Teapot]

ドイツ製 mono (モノ) フィリオ ティーポット0.6L [Filio Teapot]