ルンバと相性が良い家具、悪い家具

インテリアコーディネートをする際、お客様に必ず聞く質問の一つに
「ルンバ(お掃除ロボット)を持っていますか?」
「(無い場合)これから買う予定はありますか?」
があります。

たいてい既にお持ちか、これから購入される方々ばかりです。
私自身もルンバを毎日活用していますし、周りの同世代を見ても、保有することが普通になってきました。
ルンバと相性がいい家具悪い家具

コーディネートの際は「ラグや家具がお掃除ロボットに適しているか?」そういった視点での提案も不可欠です。

素敵な家具で完璧にコーディネートしても、いざ生活してルンバを走らせてみたら「通らない」「止まって掃除にならない」そんなことが起きたら大変です。

今回は私が家具提案の際に気を付けているポイントをお伝えします。

 

ルンバと相性が悪い家具

認識している範囲で、ルンバと相性が悪い家具は以下です。(お掃除ロボットの種類によって程度の差はあると思います)

①脚の形が独特な家具

②軽すぎる家具

③低すぎる家具

④薄いカーペットor厚すぎるカーペット

⑤ひきずったカーテン

一つずつ例をみていきます。

*

ルンバが苦手①脚の形が独特な家具

我が家にあるダイヤモンドチェア。
このタイプの脚、ルンバは苦手です。
ダイヤモンドチェア

椅子の下を掃除するとき、ガッ、ガッとすさまじい音をたてます。

椅子の配置が悪いと、極まれにこんな状態で止まっていることがあります。引っかかって動けなくなってしまうようです。

ルンバと相性がいい家具悪い家具

このタイプの脚、最近はコンソールやベッドなどにも良くあります。
私も大好きなデザインなのですが、ルンバを使う場合には要注意です。

 

ルンバが苦手②軽過ぎる家具

軽すぎる家具だとルンバが掃除中に押して動かすことがあります。
我が家の例だとこのビンテージのテーブル。
テーブル自体の重さは6kg。
普段はお花や生け花を飾っています。

必ずアート・お花・テーブルが中心線を通るように整えるのですが(写真の赤い線)、いつもルンバが当たって動かします。
ルンバを使った後は、たいていこの中心線からずれています。

お掃除ロボットの種類や家具の形状にもよると思いますが、軽すぎる家具は避けたほうが良いかもしれません。

 

 

ルンバが苦手③脚が短すぎる、低すぎる家具

家具の高さ、脚の長さは要チェックです。
ベッドの下、TV台の下、ソファの下など。
お掃除ロボットが通り抜けられる高さかどうか確認してから購入するようにしましょう。

ルンバと相性がいい家具悪い家具

ロボットの種類によっても厚さが異なるので、事前確認が必要です。
私が持っているルンバは厚さ約8cmです。

 

ルンバが苦手④薄いラグ、毛足が長いラグ

ラグ、カーペットは要注意です。
薄くて軽いラグだと、ルンバが通るときにめくれてしまう恐れがあります。
また毛足が長過ぎたり、ラグ自体が厚すぎる場合もNG。

ルンバのためには、ほどほどに厚くて、重くて、毛足が短くて、簡単にめくれないものを選ぶ必要があります。

モノによるし、見極めが難しいので、私もラグ、カーペットの提案には毎回頭を悩ませます。
「ショールームやお店にルンバを持参して実験したい」といつも思うのですが、なかなかそうもいきません。

たまにルンバOKを謳っているラグやカーペットもありますが、まだまだ少数。
これからはお掃除ロボットが当たり前な世の中になっていくでしょう。
メーカーには積極的に実験してほしいなと思います。

ルンバと相性がいい家具悪い家具

 

ルンバが苦手⑤ひきずったカーテン

ドレープカーテンは床から1cm上の高さで仕立てることが一般的です。
クラシカルな雰囲気を出したいときや、アンニュイな個性を出したいときには、裾を引きずったカーテンを仕立てることもあります。
おしゃれなので私もご提案したいなと思うのですが、ルンバの観点ではお勧めできません。

カーテンの裾を巻き込んで止まってしまいます。
ルンバを通らせる際に、カーテンの裾を持ち上げて固定しておくか、ルンバがカーテンに近寄らないように動線を調整するか、そういう対応が必要になります。
利便性をとるかデザインをとるか、悩むところです。

ルンバと相性がいい家具悪い家具

 

<最後に>

たまにリビングルームの一番目立つ場所にルンバの充電器を設置している場合があります。
お客様がそのような場所に設置している場合、私は必ず目立たない場合に移動させています。

ルンバは役に立つけれど、おしゃれではありません。
目立つところに置くと、生活感がでます。
使いやすさを考えつつも、できる限り目立ちにくい場所に設置しましょう。

我が家ではベッドルームの椅子の下がルンバの家です。
出かける際に足の指でピッとスタートボタンを押して稼働開始。
終わったら、自動的にこの場所に戻ってきます。

ルンバと相性がいい家具悪い家具

 

お掃除ロボットは本当に便利な存在。
一度使ってしまうと、無い生活なんて考えられません。

インテリアの美しさと、ロボットの便利さ。
私は両方追求していきます!

 
アートxインテリアコーディネート山口恵実のブログ
ブログランキングに参加中。応援クリックよろしくお願いします★


インテリアコーディネートランキング

おすすめ記事