家にアートを飾る理由~Conversation Pieceとして会話が生まれる効果

トーキング・グッズ、もしくはカンバーセーションピース(conversation piece)という言葉を聞いたことがありますか?
「会話のとっかかりになるモノ」を指します。

例えば、
パーティーで知らない人同士でテーブルについた場合に、テーブルの上に素敵なお花や置物があると、それをきっかけに会話が生まれますよね。
その場に居合わせた初対面の人と、国・人種・性別・年齢を超えて、話のきっかけにできるもの。
それが「カンバーセーションピース」です。
おしゃれなリビング

テーブルコーディネートでも
ファッションでも
もちろんインテリアでも

ぜひ「カンバーセーションピース」を取り入れてほしい。

 

インテリアで「カンバーセーションピース」になりやすいのは、アートです。

 

 

人が集まる場所にアートを飾る効果

アートって、人の目線の高さに飾りますよね。

アートを観ることで目線が上がるので、気持ちも上がります。

「素敵な絵ですね」
「これは何を描いているんでしょう?」
アートをきっかけに会話を生み出すことができます。

また「アートを観る」という行為を通じて、会話がなくとも一体感を感じることができます。
美術館もそうですよね。
誰も何も話さなくても、「アートを観る」という行為を通して一体感と安心感を感じることができます。

観るべきものが何もない場所だと、顔を下に向けてスマホに集中して自分の殻に閉じこもりがちです。

アートがあるので目線が上がる。
アートを見つめる。
そこから会話が生まれる。

新しい出会いや関係が生まれるきっかけになる。

ぜひ人が集まる場所に…例えばオフィスとか、もちろん自宅にも!!
アートを飾っていただきたいなぁと思います。
おしゃれなホームオフィス

 

家に人を招く方は、ぜひ家にアートを飾ってみてください

インテリアコーディネートをする際、私はアートもご提案します。
インテリアアート

家具で個性を出すのは難しいです。
ベーシックで長く使える家具を選ぶと、人と似たような、ありきたりな部屋になりがちです。

でもアートの選び方にはその人の個性がでます。
好き嫌いがはっきりするものなので。
なので家具がベーシックでも、アートがあることで個性的な空間になるのです。

特に家に人を招く機会が多い方は、お気に入りのアートをお部屋に飾ってほしいです。

家に招かれた人がアートを観て、
「素敵な絵だね!」
「どこで買ったの?」
「何で描かれてるの?」
そんな質問を投げかけてきます。
そこから会話が始まります。

また人の家に行くと、どんなに親しい間柄であってもやはり緊張してしまうもの。
「手伝わなくていいから座ってて」と言われても、あまり目をキョロキョロさせて室内を見渡すのは失礼にあたるんじゃないかと思い、どこに目を向けていいか分からなくなるときもありますよね。

そんなときにアートがあると助けになります。
「素敵な絵だね」ってぼーっと眺めていればいいのです。

会話が止まっても、ふと見つめられる場所がある。
その安心感。

 

会話のとっかかりになったり。
人と人の距離を縮めたり。
心を和ませたり
アートにはたくさんの力があります。

実際に私も、
お気に入りのアートに囲まれて暮らして
人を家に招いたり招かれたりする中で
やっぱりアートのある暮らしって良いなぁ…って、しみじみ実感しています。

アートを飾る

何を着るか、何を食べるか、どこで働くか…も重要だけれど、「どんな空間で暮らすか」も、人生の幸福度・充実度に不可欠だと思う。

インテリアやアートの素晴らしさを、
私なりにこれからも発信していきたいです。



インテリアコーディネートランキング

Instagram ⇒ em.yamaguchi

おすすめ記事