ブレない独自の”美の基準” NYのフォトグラファー「ビル・カニンガム」

3月号のVOGUE JAPANでニューヨークのフォトグラファー『ビル・カニンガム』の特集がありました。

”Bill`s  Way ファッションを通じて時代をとらえたビル・カニンガムという生き方”

VOGUE JAPAN3月号

 

どんな人なのだろう?

気になって調べていたら、ちょうど映画(ドキュメンタリー)があったので週末に観てみました。

ビル・カニンガム&ニューヨーク (字幕版)

(amazon primeで300円で観られます)

ビル・カニンガムはすごい人でした。

周りに流されないブレない軸を持っている人
ファッションを愛し独自の審美眼で追い続けた人
『自由 freedom』であることを一番の価値とし、当然の報酬を頑として受け取らない人
何より人生を楽しんでいる人(笑顔が超素敵!)

ビル・カニンガムの突き抜けた才能・審美眼・影響力を誰もが認めて賞賛し、多くのセレブが彼に写真を撮ってもらいたいと思っている。

多忙なアナ・ウィンターも、彼のためだったら立ち止まってポーズを決める。

“私たちは皆、彼に撮られたくて服を着るの”
byアナ・ウィンター

 

でもビル自身は「どのセレブ」や「どれだけ有名な人か」には全く関心がなく、
周りからの賞賛も全く意に介さず、

ニューヨークを普通に歩く一般の方でも、
彼の基準で「美しいスタイル」と思えば、必死でシャッターを切り続けていました。

ブレない独自の”美の基準”を持っている人。

頑固で純粋で偏屈なのかもしれませんが、その一途さが人々を惹きつけ、素晴らしい作品を生み出すのでしょう。

日比谷ミッドタウン
(写真は週末行った日比谷ミッドタウンのお店TODAY’S SPECIAL)

**
ファッションに興味がある方はもちろん、
子育てに悩んでいる方にも見て頂きたいと思いました。

「自分の子供って周りの子とちょっと違うんじゃないか?一つのことにのめりこみ過ぎなんじゃないか?平均から外れているんじゃないか?」

そう思って心配している方、

もしかしてお子さん、ビル・カニンガムのようにすごい人になるかもしれませんよ!!

人の心を動かす人
歴史を動かせる人って

ブレない芯を持った人
独自の美の基準を持ち、それを貫いた人

結局そういう人なんだと思います。