オーダークッションのメリット&作る予算はどのくらい必要?

オーダーメイドのクッションが工場から届きました。
竣工祝いにお客様にプレゼントする予定です。
オーダーメイドクッション

3色の生地を組み合わせた幾何学模様のデザイン。
世界で一つのオーダーメイドクッションです。

職人さんから
「山口さん、斜めに生地を縫い合わせるのって結構難しいんだよ。でもお客様へのプレゼントなら利益度外視で頑張るよ」って言っていただきまして、すごく綺麗に作成いただきました。
ありがとうございます!

ソファ上においたら、空間がさらにかっこよく素敵になるはず。お届けするのが楽しみです。
*

オーダークッションの良さは、

世の中にはおしゃれなクッションカバーがたくさん売っています。
3000円くらいのリーズナブルなものから、数万円する高いものまで。
市販のクッションカバーでも、上質な生地を使ったものや凝ったデザインのものは、結構なお値段がします。

インテリアコーディネートをする際には、お客様のお好み・ご予算・メンテナンスのしやすさなども考えて、オーダークッションにしたり、市販のクッションにしたり、使い分けてご提案しています。


オーダークッションの良さは、空間に合わせて好きな生地・デザイン・サイズで作成できる点です。

*

クッションは実はサイズが重要で、

市販のクッションだとイメージしたインテリアが実現できない場合があります。

例えばベッドルームでは、
ベッドの幅・ベッドヘッドの高さに合わせてクッションのサイズを決めています。

アートのある暮らし

ベッド幅はもちろん、
掛け布団の厚みによって美しく見えるクッションのサイズは異なりますし、お客様のライフスタイルによっても異なります。
目指したいインテリアのイメージによっても異なります。

私がご提案する際は、お客様のベッドに実際にサンプルクッションを置いてサイズを決めたり、このようにベッド幅・高さ、クッションのサイズの比率が分かるイメージ図を作成してサイズを決めることもあります。

なんとなく適当に選ばれているようなクッションのサイズですが、実はきちんと検討したうえで決めているのです。
ベッドに置くクッションを決めるとき、いつもかなり気を使います。

 

(リビングにもベッドルームと同生地のクッションを置くと、空間につながりができますね◎)

 

 

せっかくクッションを作るなら、

生地選びの際に、ぜひカーテンやアートの色と合わせたものを選んでみてください。

例えばカーテンの濃紫のストライプと合わせて、薄紫のクッション オーダークッションの良さ

この時はこたつカバーと、座布団カバーも一緒に作りました。

(事例:こたつのある空間~大人のカジュアルStyle

あなたの空間にぴったりのクッションを作れるのが、オーダーの良さです。

オーダークッションの値段は?

ほんとピンキリでして、生地・デザイン・サイズによります。特に一番影響するのが生地の値段です。

例えば40x40cmの一般的なサイズのクッションカバーを作る場合、リーズナブルなポリエステルの生地1色で作ると、大体6,000円くらいから(カバーのみ)

高い生地を使ったり、複数生地を組み合わせたり、デザインに凝ると、1万、2万、3万…いくらでも高くなります。
生地メーカーによっては、一回の取引で最低生地幅何cm以上仕入れなければならないという決まりもあり、小さなクッションを仕立てるのに思ったより値段が高くなってしまう…ということもあります。

柄がある生地の場合、例えば「バラの花をこの位置に持ってきて」と柄指定すると、その分値段が高くなる場合もあります。

冒頭のクッションのように、
複数の色の生地を組み合わせたり、斜めの縫製や別色のパイピング(縁取り)を加えると、リーズナブルな生地でもお値段は上がっていきます。
オーダーメイドクッション

 

どれくらいの予算で、
どのようなインテリアを実現したいかによって、ベストな方法は変わってきますので、ご興味ある方はぜひインテリアコーディネーターに相談してみてください。

ベッドルームインテリア

 

クッションは家具やカーテンに比べて手軽にインテリアの雰囲気を変えることができます。
そしてその効果は抜群です。

丈夫な生地であれば何年も長持ちしますし、ウォッシャブル生地であれば洗濯機で洗えてメンテナンスもラクチンです。

毎日肌に触れ、目にするものですから、ぜひ「お気に入り」と思えるクッションを置いてみてください。

たかがクッション…
いえいえ、クッションは重要です◎




アート&インテリアコーディネートを承っております。
引越・新居購入・模様替えのタイミングなど、お気軽にお問い合わせください。

コーディネートのご依頼・お問い合わせ

Studio del Solインテリアコーディネーター 山口恵実