彫刻から照明まで。巨匠イサム・ノグチの魅力を堪能した時間

東京オペラシティで開催中のイサム・ノグチ展に行ってきました。
イサム・ノグチ…なんとなく聞いたことあるけれど誰!?
そんな方でも、きっとこの和紙の照明を見たことがあるのではないでしょうか?
代表作「AKARI」(新宿コンランショップにて↓)
イサム・ノグチ AKARI

イサム・ノグチは米ロサンゼルス生まれの芸術家。
1930頃から、彫刻家・造園家・家具デザイナー・舞台芸術家と世界中で幅広く活躍しました。
父が日本人、母がアメリカ人です。

 

照明と共にこのテーブルも有名ですね↓(富山のホテルにあったイサム・ノグチの「Coffee Table」)
リバーリトリート雅樂倶

 

イサム・ノグチの彫刻を見たのは私も今回が初めて。ブロンズや石を使ったユーモラスな作品が多かったです。
切り絵のようなブロンズ板の作品↓イサム・ノグチ彫刻

照明AKARIも多数展示されていました↓
イサム・ノグチ AKARI

(※両方とも展示の中で撮影可のコーナーです)

AKARIは岐阜提灯をモチーフに作成されいます。
約200種類ものデザインがあるそう!海外でも大人気です。

AKARIといえば、印象に残っているのが今年始め頃の雑誌Vogue Japanの記事。
ハリウッド女優ジュリアン・ムーアの自邸が紹介されていました。
ビンテージ家具と大きなAKARIの天井照明でコーディネートされたリビングの写真が掲載されており、その美しさに息をのみました。
個性的でとても美しい空間。
オンライン記事を見つけたので興味ある方はぜひご覧くださいね!↓
ジュリアン・ムーアの、NYにあるリノベしたタウンハウス。

AKARIは種類もサイズも豊富ですし、値段も意外とお手頃なので、お部屋の間接照明として最適だと思います。
ベッド横のサイドテーブルに対で並べても素敵ですね!

AKARI照明は丸の内のハーマンミラーショールームでも何種類か見ることができますし、購入可能です。

 

 

ミュージアムショップも忘れずにチェック

ギャラリーに併設しているショップも必見です。
ミュージアムショップって、センスが良いものが集められているし本も面白いのが見つかるので大好き。

AKARI照明の和紙が販売されていました。
AKARIポスター
額装してアートのように壁に飾って楽しめます。

デザインが可愛いので一枚購入♪ 好きな額で額装する予定です。
自分のホームオフィスに飾るか…お客様へのご提案に入れてもいいですね。
インテリアの素敵なアクセントになりそう!

 

東京オペラシティの帰りは、新宿コンランショップ本店にも立ち寄りディスプレイや商品をチェック。
東京オペラシティ→新宿コンランショップは歩いて6分ほどなので、時間があれば両方立ち寄ってみると良いと思います!

イサム・ノグチ展は9/24(月)までやってます。
ご興味ある方、ぜひ行ってみてくださいね!

  <アートxインテリアコーディネート山口恵実のブログ>

     

おすすめ記事