Merry Christmas!子供のときの夢をかなえる

メリークリスマス!…という気分は消えて、何だかすっかり年の瀬ですね。
3連休、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

私は24,25日に栃木の実家に帰省して、甥っ子5人とクリスマス祝いをしました。

「可愛い甥っ子たちに、オジさん、オバさんから楽しいクリスマスをプレゼントしてあげようっ!」と意気込み、
私はケーキ4台とラザニアを作って持っていき、旦那さんはamazonで購入したサンタの仮装でプレゼント配るという、体を張ったクリスマスでした(笑)

クリスマス祝い(甥5人と夫サンタ)

いやー、子供の成長は早いですね。

サンタの登場でかなり盛り上がるだろうと期待したいのですが、結果はいまいちでした(笑)

3、4歳だと「サンタさんどこから来たのー?」「煙突ないのに、どうやって入ってきたの?」とはしゃぐのですが、

6、7歳になると「はいはい、サンタの仮装ね、どうせ中身おじちゃんでしょ」って結構冷静。

その冷静なリアクション、ちょっと寂しい(笑)

今の子は恵まれてるんだなー、サンタに見慣れるなんて。

 

将来の夢は ”大工さん”…からのインテリアコーディネーター

夢中でレゴで遊んでいる手先の器用な甥っ子がいます。

将来の夢は「大工さん」だそうです。

そういえば、私の小学生のころの夢も「大工さん」でした。
「家を作りたいの。大工さんするの」って、夢中になってレゴで家を作っていた記憶があります。

その夢が大きくなるにつれて変わっていきました。

中学生:「緒方貞子さんのような国連大使になりたい」
高校生:「外交官になりたい」
大学生:「公認会計士になりたい」
就職活動中:「外資系企業でグローバルに働きたい」
20代:「昇進してお金を稼ぎたい」(笑)

そして30歳過ぎた今、
改めて「家づくりをしたい」という思いで建築インテリアの世界に足を踏み入れています。

「大工さんになりたいの!」と叫んでいた少女が、30歳過ぎて家づくりに携わることに。

小さい頃の夢って、いつどのように叶えるか分からないものですね。
全く違う道に行くかもしれないし。
いろんなことをした結果、また夢を追いかけるかもしれないし。

 

今の時代、働き方は進化しているし、
世界はどんどん小さくなっている、

私たちの両親の時代に比べると、可能性って飛躍的に広がっている。

甥っ子たちが生きる世界は、また大きく変わっているんだろうな!
子供たち

自分の限界を決めたり、プレッシャーを感じたりしないで、たくさん夢を見て、チャレンジして、楽しんでほしいなって思いました。

「君たちの人生はこれからだ!!」
少年よ
大志を抱け!

おばちゃんも頑張るよ~!
よ~!


人気ブログランキングに参加中
↓ポチッと"いいね!"の一票をよろしくお願いします!


Instagram ⇒ em.yamaguchi

おすすめ記事