金沢・加賀1泊2日~小松空港の周辺で楽しめるオススメコース

旅亭萬葉

先週石川県に1泊2日で行ってきました。
東京から行きは飛行機、帰りは北陸新幹線です。
1日目はレンタカーを借りて山代・加賀周辺で遊び、2日目は電車で移動して金沢市内を観光。
和食器、焼き物に興味があるため、九谷焼美術館に行ったり、陶芸体験を楽しんだり、お気に入りの和食器のお店を見つけたり…短い時間でしたが、とても充実して楽しい旅でした!

今回は「和食器・焼き物にふれ合う」をテーマに、小松空港周辺のおすすめコースやお店についてご紹介します。
石川旅行

行きは飛行機で小松空港へ。観光はレンタカーを借りると便利です

行きは羽田空港8:30発~小松空港9:30着の便で。(一人6000マイルでいけました)

小松・加賀周辺はレンタカーがないと不便なので空港近くで借りるのがおすすめです。
約5時間半のレンタルで5000円ほど。

私達が半日かけて回ったのは以下コースです。
①九谷焼美術館
②九谷焼窯元須田菁華
③べんがらやでランチ
④らくやき体験工房で陶芸体験←1番楽しかった!!
⑤小松駅から送迎バスに乗って宿「旅亭 萬葉」へ

①九谷焼美術館

旅の目的のひとつが「焼き物について知ろう」ということだったので、石川県の有名な焼き物「九谷焼」について学びに九谷焼美術館に行きました。小松空港から車で40分ほど。
九谷焼美術館

展示品の数はそれ程多くはありませんが、短時間で「九谷焼ってどんなもの?」について知るには十分な内容です。
展示コーナーに入ってすぐのところにある「久谷焼についての説明ビデオ」がとっても分かりやすかったです。
この美術館は建築家富田玲子氏によってデザインされたもの。
建物、庭、インテリアがとても素敵です。
九谷焼美術館
展示コーナー入ってすぐのところにある青い椅子のエリア。とてもフォトジェニック。
九谷焼美術館展示コーナーの途中に素敵なお庭や、テーマに合わせたデザイナーズチェアが置かれています。

 

九谷焼窯元須田菁華

九谷焼美術館の後は九谷焼窯元須田菁華へ。車で20分弱。
和食器の本や「るるぶ」にも掲載されている九谷焼の老舗のお店です。
商品はどれも美しく、骨董の品格があるのですが、いかんせん30代前半の夫婦には高い…。1~2桁安くならないと全然手が出ないお値段でした。
九谷焼窯元

 

③べんがらやでランチ

九谷焼窯元須田菁華から歩いて5分もかからないところにある「べんがらや」へ。
img_4085 お食事処と食器・小物のお店が併設しているかわいらしいお店でした。
べんがらやでランチ山代温泉街はすごく小さな町で、あまりランチできるところがありません。

 

③らくやき体験工房で陶芸体験☆一番楽しかった~!!

1日目で一番楽しかったのが楽焼の陶芸体験です!!
「楽焼」とは、茶道の世界では、古くから茶人の抹茶茶碗の格付けとして、「一楽(=1位は楽焼)・二萩(=2位は萩焼)・三唐津(=3位がは唐津焼き)]と言われているほど、高く評価されている焼き物です。ろくろを使わずに手づくね成形で作ります。楽焼については以下のサイトが参考になります。
楽焼とは?

私たちが体験したらくやき体験工房は①九谷焼美術館のすぐ近くにありました。
一人2kgの土を使って好きなだけ作品を作れる3500円のコースを選択(旅行前にasoview!で予約していきました)
img_4096

5分ほどで簡単に作り方を教わり、あとは好きなもの作ってみて、と自由に作成させてもらえます。
私は鍋パーティー用のお碗を6個、箸置き6個、旦那さんは一輪挿しを2個作りました。
らく焼き

全部つくるのに2時間近くかかりました。すごく楽しかったです!

釉薬は好きな色を選べます。
釉薬は好きな色を3週間後に釜入れしてもらい、東京に送っていただく予定です。
届くのがとても楽しみ!

 

小松駅から送迎バスに乗って宿「旅亭 萬葉」へ

楽焼体験後は空港にレンタカーを返し、小松駅から送迎バスにのって旅亭 萬葉まで。
心のこもったおもてなしをしていただける、素敵なお宿でした。
旅亭萬葉
温泉に入り、美味しいご飯を食べ、次の日の金沢観光に備えます!!