emylifeシンプル&ポジティブに暮らそう

30才でキャリアチェンジ!外資経営コンサルタントから料理&インテリアの世界へ。インテリア/整理収納/Homeparty~楽しく暮らす方法を発信中

引越し前にぜひ作ってみて。元コンサル夫婦が薦める『引越TODOリスト』

   

こんにちは!1ヶ月以上ぶりの更新になります
慌ただしい日々を過ごすうちに、4月半ばになってしまいました。暖かくてすっかり春になりましたね。

・・・突然ですが、来週引越します!
次も賃貸マンションです。
荷造りしつつ、新居にどんな家具を置こうかな~なんて考えるのはとても楽しいですね!

 私は『引越好き』かも

考えてみれば、私は大学卒業してから過去8年間で4回引っ越してます。
いろいろ理由もあってですが、最近は1~2年のスパンで引っ越してます。
引越し好きなのかもしれません。(少なくとも引越すことに抵抗がありません)

今の家には2年住みました。来週ちょうど更新のタイミングで、その前に引越す予定です。今回引越す最大の理由は「もっと広い部屋に住みたいから(でも家賃は下げたい)」

家で仕事をすることが多いのですが、自分専用の書斎がありません。ダイニングテーブルで仕事をしています。最近は忙しくて、書類でダイニングテーブルの半分が埋もれるようになりました。
書類の横でご飯食べるのは残念な感じですよね。
どうしても自分の仕事スペースがほしい!(そしてダイニングテーブルの本来の姿を取り戻したい)というのが理由です。

あとは今の家賃が高いので安くしたいのと、マンションの目の前が再開発中で2年後に巨大ビルが建って景観がなくなるため。
いろんな要因が重なって、来週引っ越すことにしました。

私も旦那さんも家を変えることに抵抗がないタイプなので、今回も「よし引っ越すぞー!」とあっさり決めました。
子無し&賃貸暮らしは移動が身軽ですね。

でも・・・引越し費用はかなりかかります。礼金、敷金、仲介手数料、保証会社、火災保険、鍵交換費用、引越代金など。
新しい家用に家具やカーテンも調達しなければならないです。

でも毎回引越し貧乏になるけど、楽しいです!家や生活を変えるワクワク感が大きいですね。
引越荷物(少しずつ引越準備始めてます)

おすすめ!『引越しTODOリスト』でしっかり管理

引越はかなりの手続きが必要です。
新居の契約手続きから、自治体への転出・転入届け、各種住所変更、水道光熱の手配、ネット工事、新聞の変更など、やるべきことが超たくさんあります。
住所変更だけでも、郵便、免許書、amazon、楽天、オンラインバンク、クレジットカードなど、たくさん対応しなければなりません。
「あっ!やり忘れてた」となってバタバタすることが多いですよね。amazonで注文した商品が、前の家に送られてしまったり。

我が家には『引越TODOリスト』というものがあり、やるべきこと、役割分担、進捗状況をExcelで管理し、夫婦でdropboxで共有しています。
こちらが我が家のTODOリストの一部です↓
タスク内容、担当、ステータス(未着手、対応中、完了)、実施期限、必要書類などの情報をすべて記載して、進捗を管理しています。(更新担当は旦那さんです)
引越TODO
恐らく仕事でプロジェクトをされている方は、上記のような資料を見慣れていると思います・・そう、これはまさに「引越しプロジェクト管理表」なのです。

 

引越しは夫婦共同のプロジェクト。
ケンカせずに、慌てずに、夫婦で協力して進めていきたいですよね。
こうやってリスト化するとやるべきことが可視化されるので、夫婦の一方に負担がかかっていないか確認し調整することができます。
二人で協力するので、一体感も強まりお勧めです。

TODOリストを一度作ってしまえば、次の引越しのときも大丈夫。少し更新するだけで慌てずに対応できます。
ぜひこれから引越しされる方は、まずは引越しTODOリスト作っておくと便利ですよ!!

 

今日も引越しTODOリストを確認しつつ、来週の引越しに向けて荷物整理進めながら頑張ります!