【個性的な家に住みたい!】デザイナーズ&リノベ物件探しに最適なサイト

新しい家

こんにちは!だいぶ暖かい日が多くなってきましたね☆
私は来週の引越しに向けて、毎日少しずつ荷造りしています。

荷造り用に引越会社からダンボールを50個もらいました。そんなに使うわけないだろう~と思いきや、結構使いますね!特にこの2年で食器類やホームパーティーグッズが増え、テーブルクロスだけでダンボール2箱分ありました。
知らずのうちに増えているモノの多さに、引越しを機会に気付くことができます。

次住むのは築40年のマンション。物件選びの条件とは?

次に住むのは築40年の古マンションではなく、”ビンテージマンション”です。ビンテージって響きがいいですよね(笑)
これまで築浅の物件に住むことが多かったので、築40年は私にとって冒険です。
とはいえ、リフォーム仕立てなので外装も設備もキレイ。
(水周りもリノベーション済で新品です)
新しい家

物件探しの条件は、人それぞれと思います。
今回の私たちの条件は、

①今より家賃が下がること:7万円down目標
②総面積が広くなること:60㎡以上
③LDKが広いこと:18帖以上で間取りに無駄が無く家具を配置しやすいこと。LDKが広々した部屋って意外とありません(もちろん家賃が高ければありますが)
③収納が広いこと:選んだ物件も収納が十分ではないので、2LDKの一部屋を収納部屋にする予定です。
④建物全体の雰囲気が良いこと・デザイナーズ風な物件
⑤駅近、スーパーが近くにあること
⑥(できれば)天井が高いこと:開放感は重要です。

どんな家に住みたいか、事前に夫婦で相談して条件を紙に書き出して物件探しを進めていきました。
物件検索のキーワードは「デザイナーズ」「リノベーション」にしました。

デザイナーズ、リノベーション物件探しにおすすめなサイト

物件選びをしながら感じたことが「ここ数年で飛躍的に個性的な物件サイトが増えたな」ということ。
これまで物件サイトといえば、at home、HOMES、SUUMOなど、物件数が多くて、ジャンルが広いサイトが主でしたが、最近は地域を狭く限定したり(例.渋谷限定)、物件の個性(例.デザイナーズ物件限定)を強く打ち出したサイトが増えていますね。

この2ヶ月物件探しのために私が毎日チェックしていたサイトをご紹介します。
実際にこの中から次に住む家を見つけました。デザイナーズやリノベーション系に強いサイトです。

◆東京R不動産

個性のある物件や物語のような物件紹介文が特徴的な不動産です。
物件の検索条件も「レトロな味わい」「倉庫っぽい」など個性的です。
最近R不動産を意識した不動産が増えていますね。業界の先駆けの存在。
https://www.realtokyoestate.co.jp/

R-Store

デザイナーズやリノベーションに特化したサイトです。
http://www.r-store.jp/

goodroom

これもデザイナーズやリノベーションに強いサイトです。
TOMOSという自社リノベーションブランドを持っています。
https://www.goodrooms.jp/

TOKYO VINTAGE MANSION

赤坂、青山、表参道を中心とした東京のヴィンテージマンション専用の物件サイトです。
http://www.vintage-mansion.tokyo/

他にも、
SOHO東京(デザインオフィスに特化したサイト)
R100 Tokyo(都内の100㎡超えの物件だけを扱っているサイト)など、個性を打ち出した物件サイトが増えています。

 

「家」に個性を求める時代になってきた

「デザイナーズ」「個性派」などのキーワードと一緒に、「リノベーション」も最近増えていますね。私が次に住む物件も、古いマンションをリノベーションしたものです。
リビタリノべる等の大手はもちろん、インテリアショップのACTUSも自社インテリアに合うリノベーションを提案したり、西海岸風のリノベーションに特化した会社などもあります。
とにかく最近「リノベーション」という言葉を目にすることが劇的に多くなりました。

 

消費者の家に対する好み・価値観が、多様化(個性化)し、住宅業界が変わってきているだなぁと感じます。今までみたいに、大手が画一的な住居を大量生産して消費者に押し付ける時代は少しずつ終わっているのかな。
ファッションみたいに、もっともっと家に個性や自分らしさを求める人が増えつつあるのだと思います。

こんな時代の流れ、ニーズに応えられるような”家”、”ライフスタイル”に関する価値を提供できたらなぁ・・・。
荷造りしながらつくづくそんなことを思う日々です。