<コーディネート事例>4色のアルミブラインド(オフィスの会議室)

オフィスのブラインドを納品してきました。

よくある白一色のアルミブラインドではなく、
お客様のオフィス空間にぴったりの、カラフルで大胆なデザインのブラインドです。
導入事例Office4

 

赤、青、薄グレー、濃グレー
4色のスラット(羽)を組み合わせました。

オフィス用ブラインド納品

**
**

低コストで会議室の印象を変える

オフィス用ブラインド納品

会議室の中心にある大きな窓(幅3m)
昼間でも暗くて寂しい印象でした。

窓を自由に開けらるのも危険。
「ブラインドで締め切っておきたい」というご要望でした。

一般的なオフィスでは白単色のブラインドが良く使われますが、この窓に白いブラインドがかかっていたら、余計殺風景になってしまいます。

 

「せっかくならブラインドをアートのように部屋のアクセントにしましょう」

そんなわけで、ご提案したのがこちらのオリジナルブラインドです↓
オフィス用ブラインド納品

 

お客様のコーポレートイメージを打ち出した、オフィス全体の雰囲気と合わせたデザインにしました。
Office

 

会議室に入る瞬間にブラインドが目に入ります。
この会議室ならディスカッションも活発化するでしょう!
オフィス用ブラインド納品

たかがブラインド。されどブラインド。

常に目線に入る壁の創り方

いつも私が気にしていること。

アートでもブラインドでも、壁を彩る効果は抜群です。

特にアルミブラインドの場合もともと単価が安いですし、
スラット(羽)の色を変えてもさほどコストは変わりません。

何十万もかけて造作家具にこだわるよりも、
数万円プラスしてアルミブラインドにひと手間加えたほうが、費用対効果が断然高い場合があります。

Office1_Studio del Sol

私は前職に経営コンサルタントとして働いており、
20代の頃は六本木・渋谷の最先端のオフィスから、ボロい雑居ビルまでいろんなところで働いてきました。
パリ、サンフランシスコ、シカゴ…いろんな海外のオフィスも観てきました。

オフィス環境が働く人のモチベーション・姿勢・思考に影響することを身に染みて感じています。

お客様の事業戦略や企業イメージをどのようにインテリアで実現するか?

働く人のモチベーションを高めて創造的な発想・ディスカッションを引き出すためにどうしたらよいか?

そんなご提案を心がけています。

小さなオフィスの場合、ブラインド一つでも空間に与える影響は絶大です。

お客様の目線に立って一歩先のご提案ができるか、
いかに費用対効果の高いご提案をできるか、
デザイナーの腕の見せどころですね!

**

**

(参考)ブラインドの指示書

カーテン・ブラインドについては、私は生地選定・デザイン決め・型番の細かい指示まで行って、作成縫製は専門会社に依頼しています。
指示書はいつもPPTかExcelで作成。

今回のようにブラインドのスラット(羽)の色を変えたい場合、窓のサイズから使用スラット枚数を計算し、Excelでブラインドの型番、スラット番号を指定し指示書を作成しました。
この資料はお客様にもご提案書として提出しています。

ブラインドの指示書

ここまで分かりやすく可視化・データ化すれば、
コミュニケーションミスも防げますし、納品後にイメージが違ったということも防げます。

ブラインドの場合、小さなサンプルをメーカーからもらえますので、サンプルをお見せしながらお客様にご提案すると、さらにイメージがわきやすいですね!

 

オフィス用ブラインド納品

↓↓↓↓↓↓↓↓ ブラインド設置02
↓↓↓↓↓↓↓↓
オフィス用ブラインド納品


「ブラインド一つでこんなに雰囲気が変わるなんて!」

お客様に喜んでいただけて良かったです。

新しくなった会議室で、ぜひ活発なディスカッションを実施ください。
Be Bold,  be Creative!