<理想の暮らしを実現> お部屋を広く・素敵にみせる家具配置のポイント

インテリアを作る際に、家具の配置はとても重要です。

引越やリフォームを考えている方は、家を決めたり工事内容を決める前に、まず「どんな家具をどんな配置で置きたいか?(ゴールの姿)」を決めることをお勧めします。

家具の配置で、生活のしやすさ、そしてインテリアの美しさも全然変わってきます。
リビングコーディネート

事例を一つご紹介します。

中古マンションをリノベーションされたご夫婦のご新居。
「家具の配置がしっくりきません」とご相談がありました。

始めてお宅に伺った際のリビング入り口から見た様子↓家具配置Before1

リビングに入って真っ先に目に入ったのが「ソファの背中」と「子供グッズ」です。

せっかく広々としたリビングなのに、お部屋が狭く感じられてしましました。
また内装も家具もシンプルなために、カラフルな子供グッズが目立っています。

家具配置Before2

家具の配置の見直しと、家具・照明・アートを追加することで、視線をコントロールする内容を提案させていただきました。

 

家具配置は「抜け感」と「Welcome」がポイント

空間を広く・明るく・素敵に魅せるためには、「抜け感」と「Welcome」が重要です。


「抜け感」
とは、視線を遠く(出来る限り入り口の対角線に視線が行くように)コントロールすること。
図の青い部分に、ポイントとなる家具やアートを置くことで、視線をコントロールします。
(こちらの記事も参考にご覧ください「部屋のコーナーに椅子を置く効果~素敵な部屋の作り方」)
インテリアの見せ場の作り方

「Welcome」とは、家具の正面を入り口に向けるように配置すること。
部屋に入った瞬間に「良く来たね!Welcome!」とポジティブな雰囲気を醸し出すことができます。

今回の事例でも、ソファの場所が同じでも、ソファを反対向き(左向き)に配置していたらお部屋の第一印象が全然違うでしょう。

ぜひ「抜け感」と「Welcome」を意識してみてください。
お部屋を広く見せ、素敵なインテリアを作りやすくなりますよ。

もちろん、住み手によってライフスタイルが異なるので、使いやすさや暮らしやすさを考えたご提案をします。

今回のお客様は
・小さなお子様がいるので、お子様の様子を見やすい配置にしたい
・対面キッチンで夫婦一緒に料理することが多いので、キッチンに立った時に素敵な景色を見えるようにしたい
・人を招いてホームパーティーすることが多い
・テレビはそれほど見ない

というライフスタイルです。
上記を踏まえてソファの配置を変え、家具やアートを選定していきました。

 

<Before>
ソファをテレビの正面に配置していました。家具もシンプル。家具配置Before1

<After>
ソファを壁際に配置。テレビは見にくくなりますが、入り口や対面キッチンから、ソファ+アートが見えることで「Welcome!」と明るい雰囲気になりました。
お部屋も広々と感じられます。リビングコーディネート

対面キッチンから見たリビングの様子↓リビングコーディネート

アートを飾ったり、青色張地のチェアや照明も配置して、使いやすくおしゃれなリビングに。
好きなアートやインテリアを眺めれば、お料理も楽しくなりますね!

玄関ホールからリビングを見た景色↓
ウォールアート「Welcome、どうぞ入って!」とポジティブで幸せなオーラに満ち溢れています。
もしソファをBeforeのまま配置していたら、玄関ホールからソファの背中がみえて印象が全然違ったことでしょう。

 

ホームパーティーで人がたくさん集まっても、広々とした空間でくつろげるようになりました。家具配置After

 

おもてなし上手のご夫婦には、この開放的な家具配置はとても使いやすいようです。

たくさんの人をお招きして、楽しんでいらっしゃる姿が印象的です!リビングインテリア

将来はTVを無くして、プロジェクターを置いたり、暖炉を置いたりしたいなと夢が広がっているご様子。

 

理想の暮らしを実現するには、家具配置が重要。
「抜け感」「Welcome」をぜひ意識してみてくださいね!

 

*************
アート・インテリアコーディネート、新規募集受け付け中。
おしゃれなインテリア、素敵な暮らしを実現してみたい方、お問い合わせフォームよりご連絡ください☆




大人女子必見!夏に向けたセミナー、残席わずか◎
ファッションxインテリアセミナーボタン