【事例紹介】幾何学模様のオフィス (オープンイノベーションの空間)

3月がいよいよ終盤ですね。今日はお花見に行かれる方も多いのではないでしょうか?

さて、この1週間でHPをご覧くださった方「毎日のようにフォームが変わってるんだけど!」と驚かれたかもしれません。ごめんなさい。
いろいろいじくっていました。施工事例アート納品一覧を見やすく整理しています。

施工事例は各事例の詳細ページもかなり詳しく書いていますので、よろしければぜひご覧ください☆

今日は施工事例の中から、オフィス案件についてご紹介しますね!


Be Bold, be Creative!
幾何学模様のオフィス

(オープンイノベーションの空間)

オフィス導入事例
内容 オフィスのアート&インテリアコーディネート
(オープンイノベーション空間)
お客様 千代田区の企業様
広さ 200㎡
内容 間取り
コンセプトメイキング
プロジェクト管理
家具・電源配置
壁・床・天井
照明
アート
家具
ブラインド
ディスプレイ小物
*
(設計施工:ヒトバデザイン)
期間 4カ月

クライアントのビジネス戦略や企業イメージを考えて実現したオフィス(オープンイノベーションの空間)です。

コーポートカラーは赤と黒。
青とグレーを足して、4色(赤・黒・青・グレー)をテーマカラーとしました。

壁と床に取り入れた”幾何学模様”は「課題の解決」や「新規ビジネス立上」の思いを込めています。

天井・床工事は最小限にしてコストは下げ、壁紙・家具・アートでガラリと印象を変化させました。

たくさんの人が出入りする空間。
使いやすさはもちろん、”企業の顔”として写真映えやイメージ戦略も意識して創り上げています。

「大胆にクリエイティブに、新しいことに挑戦する」
そんな創造性あふれるオフィス空間になりました。

 

Before & After 工事から完成まで
*
200㎡を超える広い空間。ごく一般的な地味な内装でした。
オフィスインテリア
まずはオフィスとしてのインフラを整えるために、電源工事、ネット開通工事を進めていきます。
オフィスインテリア
パーテーションで空間を仕切っていきます。
オフィスインテリア
天井に照明レールを設置したり、扉を変更したり。
既存の蛍光灯は白色→電球色に変更し、オレンジ色の柔らかい光になりました。
オフィス案件
メインの壁紙を張り、家具も一部入ってきました。
オフィス案件
造作家具も設置。
床はカーペットをカットして、一部だけ張り替えていきます。
ブラインドを取り付けたり、アートを飾ったり。
After ~ 完成
Office

 

オフィスに映えるアート作品

*

オフィスでは、壁に直接描いたウォールアートや壁紙が人気ですが、ギャラリーのように壁にアートを飾ると空間に奥行とメリハリがでます。

取り外し可能なアートならば、将来引っ越しをしても、新オフィスに付け替えられるメリットもあります。

今回は空間のイメージを考えて、リトグラフと質感のある作品を組み合わせてご提案しました。

 

1. 打ち合わせスペースにはリトグラフ(版画)


ファミレス席のような打ち合わせスペースには、リトグラフ3点を飾りました。
インパクトある絵柄の作品は、黒い額に入れて引き締めます。

黒木周作品 『Parallel-30』『Put on-10』『Eddy-4』クロスグラフ

 

 

2. ソファスペースには質感のある作品


ゆったりしたソファスペースには、質感・凹凸感のある作品を飾りました。
セミナーや打ち合わせでオフィスにきた方が「これ何?石?」と興味深々でご覧になっています。

入江清美作品、パネル・アクリル・ミクストメディア
(ソファ上)『誰そ彼=黄昏』
(ソファ横)『双子』『寒露』『立夏』『面(つら)』

 


アート作品と一緒に、作家情報もファイリングしてお渡しました。

オフィスにいらした方が「どんな人が描いた絵なんだろう?」「面白い絵を飾ってるオフィスだな」と興味をもっていただき、会話のきっかけになる仕掛けです。

オフィス用ブラインド納品

 

 

Point  徹底して色を統一

*

お客様のコーポレートカラーは赤と黒。
さらに青とグレーを加えた4色(赤・黒・青・グレー)をテーマカラーとしました。

家具から小物まで徹底して色を統一することで、ごちゃごちゃしない、Coolな空間が出来上がりました。

(左)イタリアのブランドCallligarisのバジルチェア
(右)オーストラリアのブランドAmbient LoungeのButterfly Sofa

 


(左)会議室のブランドは4色使いのオーダー作成
(右)竣工祝いにプレゼントしたクッションは、テーマカラーを組み合わせてオーダー作成

 

お客様の声

*

新オフィス移転に際し、山口さんに新オフィスのコーディネート、設計デザイン会社へのディレクション、プロジェクト管理をお願いしました。
山口さんは、元経営コンサルタント。
経営コンサルの経験とインテリアコーディネーターとしての知見をフル稼働させて、ビジネスや事業戦略を踏まえたオフィスを創ってくださいました。

もともと設計デザイン会社から間取りや家具配置の提案を受けていましたが、山口さんが入って的確に指示・変更いただきました。

例えば…

・廊下は作らずに入り口から直接メインルームに入る動線に。その方が空間の無駄がないしイメージが良い
・入り口から正面に見える壁は『会社のイメージ』となる重要な壁。かっこよく写真映えがするように。セミナーやイベントをするときには正面壁を背景にして立つこと
・会社の成長にともない数年でオフィスを移動する可能性があるため、天井床工事は最低限に。その代わり移動しても使える家具やアートに投資
・お金をかけるべきところと/そうでないところのメリハリは徹底的に。不要なコストはカット

他にも「セミナーでプロジェクターを使うときはここに置く」「ディスカッションしやすいようにホワイトボードはここに置こう」など、実務を踏まえたきめ細やかなアドバイスもいただきました。

使いやすさ・コスト・見た目、そして会社の事業戦略も踏まえたベストな提案。

山口さんに入ってディレクション・コーディネートしていただいた結果、当初見積もりの約2/3以下の金額で、かっこいいオフィスが出来上がりました。
大変満足しています。(30代CEO)

 

施工事例一覧をみる>



 
『“ありふれた日常” を “最高な時間” に変えよう』
をコンセプトに、オフィスや住宅のアートやインテリアコーディネートをしております。
間取り/設備/カーテン/家具/アート等、インテリアのお悩みやご希望をお気軽にご相談ください。
お問い合わせ


 

ブログ一覧にもどる>

関連記事