マンション実例~海外みたいな華やかLiving&Dining

前回に引き続き、都内賃貸マンション30代女性のお部屋。
まだ途中ですがリビング・ダイニングもご紹介します☆

海外のブティックホテルのような素敵なお部屋になってきました~!

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

 

Before↓
内見時の様子。
縦に細長いLDK。メインの壁一面にグレーの壁紙が貼られています。

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

 

お客様が大切にしているフランス人画家ベルナール・カトランの花の絵。
この絵から部屋全体のイメージを考えていきました。マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

 

提案時に作成したお部屋のムードボード(イメージ)はこちら↓大人女子部屋インテリアコーディネート実例

 

お客様が前の家からお持ちになったのは、
・ピンクの花のアート
・スタンド照明
・ソファサイドテーブル
・家電類のみ
あとは全て新調しました。

 

まずご提案したのがフォルムが美しいAlfrexのチェア。
お花の絵の色とつながるように、ビビットなピンク色の張地で2脚オーダー。

受注生産かつ9末の増税前発注ラッシュのために、発注して届くまで1カ月半。。その間お客様には椅子無し生活でご不便おかけしました。

ホームオフィスコーディネート実例

 

ソファはNOYES。
ゴロリと横になりたい~というご要望により、横になれるサイズの2人掛けソファをご提案。
青山ショールームで座り心地を確認いただき、張地もじっくり決めていきました。

リビングコーディネート実例

実は今回、ソファでちょっと面白い演出をしました◎
「ソファで横になってゴロゴロしたい」
だけど…
「お部屋がコンパクトなので大きなソファを置けない」

そんな人のために、私が編み出した方法です。
本当は教えたくないけれど(笑)…ご紹介しますw

通常ソファには、赤丸のような背もたれのクッションが付いています↓マンションインテリアコーディネート山口恵実

この背もたれを、今回ベッドで使いました。

↓↓↓↓↓↓マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

「はっ!?じゃぁソファはどうしたの?」

ご安心ください☆
ソファにはオーダーで作成したクッションをたくさん置いて華やかに◎マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

ソファにクッションをたくさん置くと、海外のようなおしゃれでこなれた雰囲気になりますよね。

寂しかったベッドも周りも、クッションを置いたことで一気に華やかになりました。寝る前の読書タイムに、後ろに快適に寄りかかれるというメリットも◎

↓↓↓↓

ベッドルームが出来上がるまでのプロセス

まさに一石二鳥…いや三鳥ですw

なぜこのようなやり方をしたかというと、ちゃんと理由があって、
日本ブランドのソファは海外ブランドのソファに比べて、たいてい奥行が10~20cmほど狭めに作ってあるんです。

コンパクトな日本の住居でも使いやすいように、奥行もコンパクト。
でもソファの奥行きが狭い=クッションをたくさん置けないのです。
クッションをたくさん置くと、人が座る場所がなくなっちゃう。
だから置いてもせいぜい2個程度。

前に海外のインテリア雑誌を読んだ際に「ソファにクッション2個なんてダメ。たくさんクッションを置かないと!」という内容の記事がありました。
でも日本の(特にマンション用の)コンパクトなソファだと難しいのですよね。
アメリカの田舎みたいにドデカイソファを置けないしね…。

そこで、「コンパクトなソファでも、クッションをたくさんおいておしゃれに見せたい」
そのために考え出した方法が「ソファの背もたれをとってしまう」という方法なのです。

斬新でしょう~!?(笑)
でもとてもいいアイデアなんです!

我が家もこのやり方をして、ソファにクッションをたくさん置いています◎

壁付けエアコンについてStudio del Sol

この方法は、特にソファで寝っ転がって過ごしたい人にオススメ。
寝る体制によってクションを移動できるから、ソファスペースを有効に使えるのです。

 

…やや話が脱線しました。

 

ソファの上にはお客様がお選びになった、ネコちゃんのポスターを飾っています。

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

先日新宿の「世界堂」で、黒い額縁とグレーのマットを選んで額装しました。
お客様がお持ちだったカトランのお花の絵も、白い額⇒シルバーの額に入れ替えました。
同じ絵でも額が変わると雰囲気が変わります。

アート額装インテリアコーディネーター山口恵実1

 

窓辺のカーテンは光沢のあるMANASの生地。
裾は床+10cmで、あえて長めに床に引きずるように仕立てています。
”ブレイクスタイル”といいます。
エレガントな雰囲気になりますよね。

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

タッセルはお客様がお持ちだったものを2重に巻きました。
周りに建物がなく視線が気にならないため、夜もカーテンは閉めずに横に束ねています。
まさに窓辺の”装飾”としてのカーテンです。

 

レースはフジエテキスタイルの刺繍レース。
昼と夜の見え方で雰囲気が変わります。

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

 

こだわりがたくさんつまった美しいお部屋。
賃貸マンションでも妥協しない!
自分らしく素敵に暮らしたい!
…そんなお客様のこだわりが詰まっています。

これからさらに、
ラグ、ワゴン、チェア、ディスプレイ用の小物類なども入ります。
さらに華やかな、スタイル溢れるお部屋になる予定です☆

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

ベッドルームが出来上がるまでのプロセス


【東京のインテリアコーディネーター山口恵実】
アート・インテリア・建築・海外・コーディネート事例を発信しているブログです。

◎ブログランキングに参加中◎
ボタン/リンクを押すとランキングが上がる仕組みです。
↓↓1日1回応援にポチッと宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ