【実例】上質な『オーダーこたつカバー』のすすめ

冬に欠かせないものと言えば、コタツとみかん◎
昔は家族みんなでコタツに入り、読書をしたりTVを見たり、そんな時間が大好きでした。

でもリビングにコタツを置くと、良くも悪くも”実家みたいなくつろぎ空間”になって、”おしゃれなインテリア”からかけ離れてしまうのですよね。

そんな悩みを抱えていたのが、まさに私の実家(笑)
親と同居している姉から11月に「こたつ布団を新調したのだけど、カバーがインテリアに合わない!どうにかしたい!」という連絡が来ました。

そこですすめたのが、『オーダーでこたつカバーを作ってしまう』こと。
インテリアに合わせて生地を選び、デザインを考えるので、絶対に確実に素敵になる◎
オーダーカーテンと同じような発想です。

そして実際に仕上がったのがこちらのカバーです↓
わぉ~、素敵☆

おしゃれなこたつカバーインテリアコーディネーター山口恵実

Beforeに比べて、見違える空間になりました。

 

【Before】↓
ニトリのこたつ布団に昔祖母が編んでくれたカバーをかけていました。くつろぎムード満点ですが、お世辞にもおしゃれとは言えない。
「温かくていいけれど、これじゃ家に人を呼べない」by姉
こたつカバー

↓↓↓

【After】
こたつカバーを変えただけで空間がガラリと変わりました。上品な生地の光沢でお部屋の高級感がUP。
母が作ったステンドグラスの照明が映える空間に。
これなら堂々と家に人を招くことができますね◎おしゃれなこたつカバーインテリアコーディネーター山口恵実

 

シルバーグレーの生地にグリーンの生地で縁取り。
上品な光沢感があって手触りも最高です。
グリーンの縁取りも良いバランス◎おしゃれなこたつカバーインテリアコーディネーター山口恵実

 

最近は市販のまぁまぁおしゃれなこたつカバーも増えていますが、
家のインテリアにピッタリのものが欲しい
もっと高級感が欲しい

という場合もあるでしょう。

そんなときに、
今回のように”オーダーでコタツカバーを作ってしまう”のはすごくオススメです。

 

オーダーこたつカバーの作成プロセス

ご参考に記載しておきますね!

1.姉(依頼者)がこたつ布団のサイズ・メーカーを教えてくれました

要望は「子供の肌が弱いので、肌に当たる部分は綿100%が良い。デザインはお任せしまーす」ということだけ。
こたつカバー

 

2. 生地候補を選び、デザイン案を提出

実家のインテリアと母・姉の好みは良く分かっているので
「この生地ならリビングにぴったりで二人も好きそう」というものをセレクト。
生地はFEDE。オーダーカーテンでも使える質の良い生地です。

こたつのあるインテリア実例

 

 

3. 生地のサンプルとデザインイメージを送り、姉(依頼者)が最終確認

スケッチでは「ふちどり3cm」としていますが、実際は「ふちどり5cm」にしています。太めにして正解★
こたつのあるインテリア実例

こたつのあるインテリア実例

 


4. 見積後発注。2週間強で完成。届いたのがこのカバーです↓↓

上品な光沢感があって綺麗です~☆
母・姉はもちろん、小さな甥っ子たちにも大好評でした!

おしゃれなこたつカバーインテリアコーディネーター山口恵実

 

肌に当たる内側は綿100%の生地を使っているので、小さな甥っ子も安心です◎

おしゃれなこたつカバーインテリアコーディネーター山口恵実

毎晩コタツで甥っ子と母(ばぁば)が一緒に読書を楽しんでいるそう。
素敵になったこたつ周りで、温かい時間を過ごしてね~☆
私も実家に帰省したらコタツに入るのが楽しみ^^

 

”たかが こたつカバー”
”されど こたつカバー”

小さな変革ですが、インテリアテキスタイル(生地)空間&気持ちに与える効果はとても大きいと改めて感じました。
特にこたつは存在感が強いので、こたつカバーの選び方は重要です◎

リビングに美しいこたつがあったら、それだけで気分が上がります。
「なんか微妙だよなーでも冬だけだし」って思って冬をやり過ごすのか
「あぁ素敵なこたつ周りだな♡」って思って冬を楽しむのか…
幸せ度が全然違いますね☆
せっかくなら、後者の暮らしを実現しましょう。
良いものなら、何年も長く使えますよ^^

 

こたつを置いても上質おしゃれなインテリアは可能です。
実現したい方、ぜひお問い合わせくださいね!


【東京のインテリアコーディネーター山口恵実】
アート・インテリア・建築・海外・コーディネート事例を発信しているブログです。

◎ブログランキングに参加中◎
ボタン/リンクを押すとランキングが上がる仕組みです。
↓↓1日1回応援にポチッと宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ