【インド旅】子供部屋に合う色使い。クリームイエローvsミントグリーン

先週行ったインド旅行。
旅で得たこと、学んだこと、デザインやインテリア情報を独自の視点で発信しています。

前回の記事では、インドで目にした”カラフルな色使い”についてご紹介しました。
まさに国旗色。ビビッド&カラフルが上手な『インド流色使い』
インド国旗のようなビビッドな対比色の色使い。

おしゃれだけれど、日本のインテリアには取り入れにくいかも。
ということで、今回はインテリアに取り入れやすい”パステルカラーの色使い”をご紹介したいと思います。

インド旅

個人的には、女の子のお部屋にぜひ使いたいなぁと思う可愛らしい色使いです。

ではどうぞ!

 

Cream Yellow

デリーから飛行機で1時間ほどの距離にある都市ジャイプール。
別名「ピンクシティ」と呼ばれており、街全体にピンク色の建物があふれる美しい都市です(テキスタイルと宝石が有名)

ピンク色はもちろんですが、特に印象に残っているのがクリームイエロー色

空間がパッと明るくなる柔らかいトーンのクリームイエローを、ジャイプールの歴史的建造物でよく見かけました。

現在もマハラジャが住む王宮『シティパレス』で見かけた、可愛らしいクリームイエローの門↓インド旅

 

クリームイエロー色の回廊は、優しくて温かい雰囲気↓インド旅

 

古い門の間から見えるクリームイエローの建物。Girls Schoolと書いてありました↓

インド旅

 

子供部屋の壁に取り入れたら、絶対に可愛い色ですよね。おトイレにもいいかも。
柔らかく包み込んでくれる優しい色です。

 

ジャイプールには、ほかにもたくさんクリームイエローの建物がありました。

Cream Yellow & Pink

高級ホテル「Rambagh Palace」
かつてのマハラジャの邸宅を利用した豪華絢爛なホテルです。
このホテルの外観はクリームイエロー。
差し色に濃ピンクが使われていました。インド旅

 

こちらは現マハラジャが住むシティパレス。
クリームイエローの外壁にピンク色の窓辺。馬車もおしゃれ~☆ 絵になる空間です。
インド旅

窓のデザインがクモの巣みたい。
微妙に1階と2階のデザインが異なっています。
インド旅

 

Cream Yellow & Pink & Deep Red

クリームイエローとピンクに、さらに深みのある”えんじ色”を加えるとぐっと大人っぽい印象の配色になります。
こちらの扉をご覧ください↓
この3色の組み合わせすごく素敵。ぜひ参考にしたい。彫刻も見事です。
インド旅

 

Cream Yellow & Pink & Green

窓辺にグリーンが使われています。見えるでしょうか?
インド旅

 

子供部屋で、壁色をクリームイエロー、ウッドブラインドをグリーン、クッションにピンクを取り入れたら、海外みたいに可愛いお部屋になりそうですね!
楽しい妄想が膨らみます。

 

心が温まる素敵なクリームイエロー色、ジャイプールの青い空にぴったりです。インド旅

 

 

Mint Green

ジャイプールの中央博物館(アルバート・ホール)で目にしたのが、美しいミントグリーン。
ミントゼリーに生クリームを混ぜたような柔らかい緑色。
天井や壁でたくさん使われていました。

インド旅

中央博物館には工芸品やペルシャ絨毯、そしてなぜかエジプトのミイラなどが展示されています。
建物・内装が素晴らしくて、展示品はほとんど見ずに内装ばかり見ていました。

インド旅

見てください!この美しい天井、見事なモールディング。綺麗なミントグリーン。インド旅

ミントグリーンの壁の上に、歴代マハラジャの肖像画がずらり。
インド旅

ミントグリーン&ピンク…こんなメルヘンな色の組み合わせ、日本の歴史的建造物ではまず目にしませんよね。
インド旅

夏は気温が40度まで上がるジャイプール。2月も25度以上あり暖かい気候です。
ミントグリーンの優しい色味が、夏の暑さを和らげてくれるのでしょう。

爽やかで、涼しい、優しい色味です。

子供部屋に取り入れたら、とっても可愛い色だと思います。

 

*

ジャイプールで目にした素敵な色、クリームイエローミントグリーン

あなたはどちらの色がお好きですか?
インド旅

インド旅

インドは美しい色とデザインであふれています。
実際に行くまで、こんなに美しい色彩の国だとは知りませんでした。

次回もインドネタ続きます。
ぜひお付き合いくださいませ~☆




大人女子必見!夏に向けたセミナー、残席わずか◎
ファッションxインテリアセミナーボタン