アートと保養の宿『大黒屋』へ

栃木県の板室温泉にあるアートと保養の宿『大黒屋』に1泊してきました。

アートの宿板室温泉大黒屋

次は3泊くらいしたい…と思えるほど、居心地の良い宿でした。

まず驚いたのが4月下旬に満開の桜。
アートの宿板室温泉大黒屋

毎年4月3週目~4週目にかけて満開になるのだそう。

桜とこいのぼりを同じタイミングに見たのは始めてです。

こんなに広い空で泳げたら気持ちいいだろうなー
アートの宿板室温泉大黒屋

*
アートが世界のトレンドになり、
”アート”を街おこしのキーワードにしている都市や宿が近年増えてきましたね。
成功例もあれば、まだまだなところもあります。

 

故郷の栃木に「アートと保養の宿」…どんなところなんだろう?
期待に胸を膨らませていってきました。
アートの宿板室温泉大黒屋

 

早速館内にはこんな掲示が。
対象になるお客様は。明確でございます!
アートの宿板室温泉大黒屋

 

アートをコンセプトに掲げているだけあって、宿のお庭にも室内にもたくさんのアートが飾られています。アートの宿板室温泉大黒屋

従業員の方が使う車庫にもアート。この光景は新鮮ですwアートの宿板室温泉大黒屋

厨房にもアートを飾っているそうです。

*
アートが心や精神面に良い効果をもたらす。
従業員も常に美しいアートに触れてほしい、そんな宿の思いが感じられます。

*

宿には菅木志雄(すがきしお)さんという作家のアート作品がたくさん飾られています。

(この門も菅木さんの作品↓)アートの宿板室温泉大黒屋

大黒屋は400年以上続く温泉宿ですが、
現16代目の社長が菅木さんの作品や考え方に感銘を受け、30年前(ちょうどバブルの終焉頃)からアートをコンセプトにし始めたそうです。
それ以来菅木さんはじめ多くの作家とコラボレーションしてたくさんのアートを飾っています。

 

宿の方がお話してくださったのですが、
アートを宿のコンセプトに掲げてアート作品を買い始めた当初は、社長は周りから変人扱いされるし、銀行には融資を渋られるし、従業員は辞めていくし大変だったそう。

それが徐々に実って、
今ではリピーターのお客さんが増え業界で注目される温泉宿になっています。
社長も講演会などで活躍されていて、全国の銀行にも注目されているんだそう(成功方法を知りたいとねw)

そして購入したアートも3倍以上に値上がりしている…すごいな。

時代を先読みする社長の先見の明
そしておもてなしを尽くす従業員の方々の成果なのでしょう。

とても面白い、興味深い宿です!

アートの宿板室温泉大黒屋

私が泊まったのは”竹の館”
お部屋はこんな雰囲気です。

床暖房が気持ちよくて、床にゴロゴロしていました。

とてもシンプルな空間ですが
アートの宿板室温泉大黒屋

窓からは見事な景色!
四季折々の景色を窓から楽しめる…日本の良さですね。
GWは新緑がとっても美しいでしょう。
アートの宿板室温泉大黒屋

 

大黒屋はアートの他にも
きめ細やかなおもてなしで居心地が良かったです。

例えば
季節のお花と花瓶で「お部屋に好きに生けてください」というコーナーがあったり↓アートの宿板室温泉大黒屋

外でお茶を自由に入れて飲めたり↓アートの宿板室温泉大黒屋

文化的、美的なことを、ちょっとしたアクティビティ感覚で楽しめる。

景色を眺めながら外でお茶を飲む時間はサイコーです。
アートの宿板室温泉大黒屋(まるで長年連れ添った老夫婦)

 

茶器の飾り方もセンスがあります。アートの宿板室温泉大黒屋

図書スペースやギャラリー
ピアノのあるオープンスペース
そして温泉

ゆっくり過ごせる空間です。

「連泊するお客様が多い」と伺いましたが、確かにこりゃ連泊したくなるな。

シリーズ物の本を持ち込んで、次回は3泊くらいしようと思いました。

アートの宿板室温泉大黒屋

アートにふれてゆっくり過ごしたい方
栃木の自然にふれたい方
おすすめです。

板室温泉 大黒屋 保養とアートの宿




大人女子必見!夏に向けたセミナー、残席わずか◎
ファッションxインテリアセミナーボタン