石川県山中温泉の宿と食事を堪能する旅『べにや無何有』

週末に1泊2日で石川旅行に行ってきました。
宿泊したのは石川県の山代温泉にある「べにや無何有」です。素敵な空間と食事を堪能できた旅でした。

 

『べにや無何有』の素晴らしい空間と食事

小松空港から車で30分ほどの距離にあります。

エントランスを入ったスペース。
北欧ビンテージとジャパンビンテージの雰囲気ががある椅子にテーブル。背景に美しい緑が広がります。
べにや無何有

お部屋からの景色も素敵です。
べにや無何有

宿には所々にセンスの良いお花が飾られていました。
お庭や周囲の山から摘んできたそうです。
さりげないおもてなしの心を感じます。
べにや無何有

べにや無何有

主張しすぎないアートも、空間を上質に見せていました。照明が効果的です。
べにや無何有

 

『べにや無何有』は食事も素晴らしかったです。
新鮮な食材、素材を生かした調理。
石川の伝統工芸である漆器も見事でした。
べにや無何有

べにや無何有

べにや無何有

11月上旬には香箱蟹が解禁されます。蟹の時期にぜひ来たいです。
夫婦、友人でゆったり贅沢な時間を過ごすのに最適な宿です。
べにや無何有

 

加賀の漆器と食器に出会う旅

私も友人も食器が大好きなので、観光はせずに行きたいお店をピンポイントで見て廻りました。

1日目は山中温泉にある山中漆器伝統産業会館喜八工房に。
喜八工房は残念ながら休みでしたが(翌日金沢市にある喜八工房に行きました)、山中漆器伝統産業会館が安くて種類豊富で良かったです。

スープやリゾット用に漆のスプーンを購入。(中600円、大800円)
漆のスプーン

 

金沢市では真っ先に『本田屋食器店』に行きました。
長町武家屋敷跡にある、とても素敵な和食器のセレクトショップです。

去年の金沢旅行では、ここで土鍋を購入しました。
金沢『本田屋食器店』で出会ったおしゃれで機能的な土鍋

今年はどんな食器と出会えるかしら?インスタで事前にチェックしていた素敵な豆皿がほしいなぁと、期待に胸を膨らませていきました。

悩んだ末に購入したのは1尺(約30cm)の不動窯の織部焼大皿(13,000円)
明るめのグリーンで渋すぎないので、ガラス皿や洋皿にも合わせやすい色味です。
新しい食器を買うときは、必ず手持ちのお皿に合うか、使用頻度高く使えるか吟味して選んでいます。
本田屋食器店で購入した織部のお皿

宿でゆったり過ごし、食器を買い、美味しいものを食べて帰路に着きました。
幸せで充実した週末。
しっかりエネルギーをチャージできたので、2017年残り2ヶ月も頑張ります!

(東京のインテリアコーディネーター山口恵実のブログ)
インテリアコーディネートランキング

おすすめ記事