スペインの港湾都市『マラガ』が、欧州のバカンスで人気な理由

スペイン南のマラガはダイナミックな自然に囲まれた街です。
コスタ・デル・ソル(地中海の海岸)に面しており、ヨーロッパのバカンス先として人気です。
年間の晴れの日が300日以上(!!)で、カラっと晴れた空がまさにスペインという感じです。

もともとマラガについて全く知らず、ここに滞在した理由も「スペインの南に来てみたかったから」というだけの理由。着いた日は珍しく雨が降っており「ただの海岸の町って感じだねぇ~」とテンション低めの印象だったのですが、3日間滞在してその魅力が分かってきました!

海に山に囲まれた自然が本当にキレイ!そして何より食事が安くて美味しい!
「バカンスならハワイよりマラガ」そんな風に思えてくる街です。

海と山に囲まれたダイナミックな自然

マラガは自然に囲まれた街です。
左を向くと海・・・
マラガ

右を向くと山。
マラガ

これまで立ち寄ったマドリッドやセビリアとは全く異なるダイナミックな自然に囲まれています。

そしてスペインらしく闘牛場があり、カテドラル(大聖堂)やアルカサバ(要塞跡)などの歴史的建造物があり、文化と歴史を感じることができます。
マラガ大聖堂

雨が少ないのに、良くこんなに植物が成長するな~と感心するくらい緑や花に溢れています。
マラガ

マラガ
裕福な都市なのでしょう。
手入れが行き届いたとても美しい街です。

ピカソの出生地、アートに溢れた街

マラガはピカソが生まれた街です。ピカソ美術館やピカソの生家もあります。
現代アートの美術館もありアート好きが楽しめる街です。

私たちはパリの近代美術館ポンピドゥー・センターの分館、ポンピドゥー・マラガに行きました。
マラガキューブ型のカラフルな外観。
2015年にオープンして5年間の期間限定で運営しているようです。ピカソやシャガールの作品も飾られています。

正直そんなに印象的な作品は無かったのですが、美術館のショップは楽しくてオススメです。
面白いデザインの雑貨やアート本を購入することができます。
マラガ
私もアート本2冊とピカソの絵が描かれたミニガラス食器を購入しました。
アート本はインテリアのアクセントに。器にはナッツやオリーブを入れてビールを楽しもうと計画してます(笑)

美術館のある海辺のエリアがとっても美しいです。
豪華なクルーザーがたくさんありました。青い海に青い空が開放的。マラガ

アーティスティックな遊歩道。海岸沿いを気持ちよく散歩できます。
マラガ

本格的なバカンスのシーズンはたくさんの人で溢れるのでしょう。
4月の今頃は天気もいいし、人も少なめだしオススメです。

 

安くて美味しいバルやレストランの宝庫

マラガがリゾート地として多くの人を引き付けている理由が『安くて美味しい食事』ではないでしょうか。
とにかく手軽に美味しく食べられるバルやレストランが溢れています。

マラガ

タパスは1皿3ユーロほど。2人で3皿も頼めばお腹一杯です。 オレンジが入ったマラガ風ポテトサラダが絶品でした↓
マラガ

海に隣接しているので、とにかく海産物が美味しい!

マラガ

ビールやワインは1杯200~300円くらいで飲めますし、一人1500円もあれば美味しい食事がお腹一杯食べられます。
安くて美味しい食事が、長期滞在のバカンス客をひきつけているのではないかと思います。

私もマラガの魅力に完全ノックアウト。想像以上に美しくて楽しい街です。
働いてお金をためて今度は1ヶ月くらいの長期バカンスに来よう・・・なんて夢のようなことを考えています(どうか夢で終わりませんように。笑)
マラガ

ブログランキングに参加中
応援クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ
Instagramフォロー大歓迎です☆ em.yamaguchi

おすすめ記事