白と青のコントラストが美しい、絵画のような街ミハスへ

マラガに3泊しています。今日は電車&バスを乗り継いで白い街ミハスにやってきました。
絵画のように美しい街です。

とても小さい街なので1時間もあれば街中を周ることができます。
白い壁の原料は石灰。伝染病の発生をおさえる消毒液の役割や、強い日差しを拡散させる役割があるんだそう。
白い街ミハス

真っ白な壁に青い鉢が可愛らしい!
どの家もきれいにお花を植えて整えていました。
我が家のマンションの外観も白い壁なので、日本に帰ったら青い鉢にお花を植えたいな~。でもこんなキレイな青い鉢、日本で手に入るかしら。スペインで買って持ち帰りたい(笑)
白い街ミハス

街の中央に小さな闘牛場があります。
ポスターがフォトジェニック。
白い街ミハス

扉の色は青や赤・・・いろんな色がありました。
「角をまがったところの青い扉の家に住んでます!」なんて言ってみたい(笑)
白い街ミハス

白い街ミハス

スペインの色彩がとっても美しくて・・・この国に来てから毎日ときめいています。
白と青のコントラストが美しい魅力的な街です。

ミハスの美味しいオリーブオイルのお店

ミハスにはお土産屋さんがたくさんあります。
「the土産物屋」という観光客向けのものもあれば、結構質が高くてセンスの良いインテリア小物を売っているお店もありました。ぶらぶら見て周るのが楽しいです。

特に面白かったのが『NOVO MIJAS』というオリーブオイルのお店です。
白い街ミハス
スペインはオリーブオイル生産量世界1位。そして特にアンダルシア地方はオリーブオイル生産量がとっても多い地域です。
確かにセビリアからマラガへ電車で移動中にひたすらオリーブ畑が広がっていました。
NOVOにはスペインのオリーブ油がたくさん売られていました。

ジャケットもおしゃれ! スペインの代表的なオリーブ油『finca la torre』
白い街ミハス

 

インテリアとして飾っておきたくなるようなおしゃれなジャケット。
白い街ミハス

白い街ミハス

スペインはとにかくオリーブ油が美味しい!
毎日大量に摂取しているのに、全然胃もたれしません。

美味しいオリーブ油を買って、日本に帰ったらシンプルな味付けのカルパッチョやサラダをたくさん作りたいなぁ・・・と思って、気になるオリーブ油があったら即買い。帰りのスーツケースがオリーブ油まみれになりそう(笑)

ミハスはマラガから電車で50分、バスで30分ほどで着きます。
とても小さな町なので、日帰りでも充分楽しめます。

スペインの美しさ、魅力を堪能した一日でした。
(この色の組み合わせがツボ過ぎる!O(≧▽≦)O ↓↓↓)
白い街ミハス

  <アートxインテリアコーディネート山口恵実のブログ>

     

おすすめ記事