アンティーク・ビンテージの古い家具をインテリアに加える効果

アンティークやビンテージの家具・照明が好きです。
インテリアにこれらを一つ加えただけで、空間に品と奥行きが出ます。

どんなに美しく整えられた空間でも、新品の既製品のみで構成されるとなぜか嘘っぽく薄っぺらく感じてしまいます。そんな空間に1点でもアンティークやビンテージの古い家具を入れると、ぐっと奥深さがでます。
素敵なスパイスのような存在です。

インテリアコーディネートの際、私は古い家具や照明を入れたご提案をしています。

 

日頃良くお世話になっているのがロイズアンティークです。
青山、銀座、目黒、新宿、二子玉川…都内にたくさん店舗があります。
とても質の高いアンティーク品を扱っています。とくに照明のデザイン・種類が豊富です。

 

昨日はPenny Wise@勝どきに行ってきました。
アンティーク・ビンテージ
倉庫のような広い空間に、所狭しとアンティーク家具が積み上げられています。
ヨーロッパ、特にイギリスから集められてきた家具がここに集まっています。
アンティーク好きにはたまらない空間です。

アンティーク家具はいわば長い年月使われてきた中古品です。
ですので、傷・染み・ゆがみがある場合があります。
それらも味わいです。
現在では生産が困難なマホガニーなどの贅沢な家具があるのもアンティーク家具の魅力です。
アンティーク・ビンテージ

 

アンティーク家具は高いのでは?
と思われるかもしれません。
もちろん物によってはとても高いものもありますが、比較的手に入りやすいものもあります。
ソファ横のサイドテーブルやコンソール、テーブルランプなどでアンティークを取り入れてみると、インテリアを作りやすいですし、空間がぐっと素敵になりますよ!!

昨日はいくつかお目当ての商品を見てきました。
うんうん、とても素敵。今回の提案に加えようと思います。

アンティーク・ビンテージ

アンティーク品って1点ものなので、提案にとりいれるのが難しいのです。
量産品のように、カタログがあってそこから選ぶ、在庫がなくなれば発注できるというものではなく、『その時その場所で出会えるか』という運命的なものです。
見つけるのに手間暇がかかるし理想のものが見つからないリスクもあるので、インテリアコーディネートの提案に加えるプロの方は少ないのではないかと思います。

過去の案件でアンティークのコンソールテーブルをご提案した際も、イギリスからの写真で確認して、コンテナ船が到着するのを待って、届いた商品を実際に確認しにいって、理想通りのものだったためお客様にご提案…と提案までの道のりは長いものでした。
でもやっぱり既製品にはない魅力があります。お客様もすごく喜んで大切に使ってくださっています。

ビンテージランプ

手間暇はかかるけど、空間に個性と深みを与えてくれるものを大切にしたい。
そういうものに価値を感じてくださるお客様に提案したい。

『アート』と『アンティーク/ビンテージの古い家具』
この2つは私のインテリアデザインに欠かせない要素だなとつくづく思います。

  <アートxインテリアコーディネート山口恵実のブログ>

     

おすすめ記事