配線隠しができる特注の書斎デスク(その2)

リフォームプラン進行中のお客様と先日Zoom打ち合わせをしました。
造作家具のご相談をしたところ、「ipadやスマホの充電スペースが欲しい」「wifiルーターも置きたい」
とのご希望でした。

・いかに美しく電子機器類を納めるか
・いかに配線をうまく隠すか

非常に重要ですよね!

今日は前回のブログに引き続き、「配線を隠せる書斎デスク」の事例をご紹介します。

去年書斎リフォームをご依頼いただいたお客様の事例です。
デスク周りに置く電子機器類が非常に多いお客様でした。
 ・パソコン3台
 ・プリンター
 ・アンプ
 ・スピーカー2台
 ・レコードプレーヤー
 ・会社用携帯
 ・プライベート携帯
 ・Wifiルーター…等々



電子機器類が多い場合、配線をどうするかが大変重要です。

特注デスク設計の際はお客様と何度も打ち合わせを重ね、これらの充電が滞りなく行え、コード類がすっきり納まる設計を行いました。

Studio del Solインテリアデザイン事例「Rockなホームオフィス」
完成形。足元もデスク上もすっきり!!


まずこのお部屋でメインのコンセントがどこにあるかというと、ココです(黄丸部分)↓

配線隠しの仕組みStudio del Sol



Afterの写真でいうと、ココです(黄丸部分)↓

配線隠しの仕組みStudio del Sol

デスクの右脚元にコンセントがあります。
ここからすべての電源&LANをもってきています。

この重要なコンセントを滞りなく使えるよう、デスクの脚元にはこのような仕掛けを作りました。
家具を一部開けて、コンセントを確保しています↓

配線隠しの仕組みStudio del Sol


そしてこのコンセントに延長コードをつなげて、デスク背面に設けたL字型の「配線隠しスペース」に延長コードやOAタップが隠れるように設計しました。

配線隠しスペースStudio del Sol


壁と「配線隠しスペース」の間には空間をあけて、手を入れて配線を外したり、放熱できるようにしています。

そして配線は最終的に、デスク天板に設けた4か所の配線孔キャップ(黄色丸)につながっていきます↓

配線隠しの仕組みStudio del Sol
黄丸部分から電源を確保します

デスクの上に設けた配線孔キャップ↓

配線隠しの仕組みStudio del Sol


図面でみるとこのような状態です↓
右下のコンセントから電源を確保し、天板背面の「配線隠しスペース」を通して電源を確保できる、という仕組みです。

配線隠しの仕組みStudio del Sol

「配線隠しスペース」は表側からは中身は見えませんので、デスクの足元も天板上もすっきりをキープすることができます↓

Studio del Solインテリアデザイン事例「Rockなホームオフィス」

デスク周りでは「どのように配線を隠すか」は非常に重要ですよね。

特注家具製作の際は、このような表からは見えない部分もしっかり設計いたしますのでご安心ください。

こちらの書斎リフォームについては、事例詳細にもまとめていますので、ぜひご覧ください↓
【事例詳細】練馬区 – 音楽を愛するロックな書斎

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。
アートやインテリアの楽しさと奥深さに気がついてから人生が変わりました。
コーディネート事例の紹介、アートやインテリアの面白さをブログで紹介。
東京都在住。マンションに夫婦2人暮らし

リフォーム・リノベーション、アート&インテリアコーディネートのご相談承ります。
ぜひお気軽にお問い合わせください。