熱海のキュレーションホテル:圧倒的なView

もう7月ですね!
しばらくブログの更新が滞っておりましたが、元気にしております。

新しいお客様との出会い、新規の大きなプロジェクト、日々学びも多く刺激的な毎日です。

さて今日は、頭をガツンと打たれたような経験をした、先週の熱海研修について書きたいと思います。

良いアウトプットのためには、良いインプット・学びが必要です。
先週はインプットに注力できる素晴らしい機会に恵まれました。

英国で活躍中の日本人デザイナーが造る圧倒的な空間

まず熱海の桃乃八庵(とうのやあん)へ。
築80年の元旅館の改修。日本の伝統工芸と欧州の新旧のデザインが融合するデザイナーの自邸兼キュレーションホテルです。

(感動のあまりブログ用の写真を撮るのを失念し、写真はBABIDのサイトからお借りしています↓)

桃乃八庵

次に須藤水園(すとうすいえん)へ。
オーナーの別荘である築87年伝統建築を改修させたプロジェクト。
代々伝わる伝統工芸品やアート、日本の技術を生かした圧倒的な美の空間です。
(こちらの写真もBABIDのサイトからお借りしています↓)

須藤水園

最後に桃山雅苑(ももやまがえん)へ。
築40年超の元保養所を改修させたプロジェクトです。
(こちらは今年3月にも宿泊しました。その時のブログはこちら

熱海の桃山雅苑


この3つのプロジェクトは、英国で活躍しているインテリアデザイナー澤山乃莉子氏のデザインです。
英国の権威あるデザイン賞Design Architecture AWARDSにもノミネートされています。

先週この3つの物件を澤山乃莉子氏にご案内いただく機会に恵まれました。

インテリアデザインスキルを高めるために、澤山氏が主宰するプロ向けのインテリアデザイン塾で今一緒に学んでいる全国の4名のデザイナー/建築家とともに熱海に集結し、実地見学をしながら澤山氏から詳しいお話を伺いました。

そして桃山雅苑に宿泊し、夜中の1時すぎまでインテリア・建築について語り合う、熱く素晴らしい時間を過ごしました。

(桃山雅苑で宿泊した部屋「水の神様」。イギリスのトップデザイナーのスージー・ランボルド氏のデザイン。爽やかな青色と曲線が優しい空間です↓)

桃山雅苑


熱海の各プロジェクトについて、詳しくはこちらのBABIDサイトをご覧くださいね↓
熱海 桃乃八庵(とうのやあん)
熱海 須藤水園(すとうすいえん)
熱海 桃山雅苑(ももやまがえん)

圧倒的なビューはあるか?

今回の3件のプロジェクトをご案内いただくにあたり、澤山乃莉子氏が何度もおっしゃったこと、それは「圧倒的なビュー(View/景色)をつくること」

足を踏み入れた瞬間に感動で心が打たれるような景色。
空間を一言で説明できるような象徴的な景色を作ること。

住宅やホテルをデザインするにあたり、機能性、居心地の良さを追求するのは当たり前。
しかし機能ばかりに注力して、Viewを作ることを忘れていないか?

圧倒的な景色を作れるか否か、これが世界トップレベルのデザイナーと、普通のデザイナーのレベルの違いだと。


圧倒的なViewはあるか?


そんな澤山氏の言葉が頭から離れず、帰宅後の夜は眠れませんでした。

世界的写真家 杉本博司氏の圧倒的な世界観

熱海の2日目は江之浦測候所へ。
世界的な写真家の杉本博司氏がデザインした壮大なランドスケープ。
稀有の天才が作り出した景色。

自然・建築…石・光・緑・海…この美しさは何なのだろうか。

上手く言葉に表せない。
ぜひ一度体験してほしい場所です。

江之浦測候所

江之浦測候所は今でも設計・施工が継続されています。入館料が3300円と高いのですが、そのお金を使って、新しいランドスケープを作る取り組みが継続的に続けられているのです。
次行く頃にはきっと景色が変わっていることでしょう。



なんと感動と刺激の多い先週の2日間だったことか。
頭をガツンとやられました!

さぁ2021年も残り半年。
今月も頑張りましょう!

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month