ハイアットセントリック銀座:新聞社の跡地に

今日はホテルのインテリアについてご紹介。
2018年オープン当時かなり話題になったホテル「ハイアットセントリック銀座

ハイアットセントリック銀座インテリア

銀座の並木通りに位置しています。
朝日新聞東京の創業の地。
オフィスが建て替えられてホテルに生まれ変わりました。

「新聞社」という歴史と「銀座」という土地柄を強く意識したインテリアが特徴的。館内のアートワークも見所です。

3階のレストランNAMIKI667

レストランのメインの壁。
吹き抜けの天井を見上げると、元新聞社らしい活版文字をモチーフにしたアートワークが目を引きます。
「ハイアットセントリックTokyo銀座」と描かれています。
これは面白いですね!

ハイアットセントリック銀座インテリア

レストラン通路の壁にも、大量の文字が踊っています。

ハイアットセントリック銀座インテリア

このホテルにまつわる「名称」「開業日」「地番」などの文字を組み合わせたアートだそう。
朱色の文字が集積しており、通路を歩くと圧倒されます。

ハイアットセントリック銀座インテリア

レストランの壁面には裂織(さきおり)のような布が使われていました。
間接照明で下から照らすことで、布の凹凸感や素材感が際立って綺麗です。

藍色は銀座の男性の装い、朱色は銀座の女性の装いを表しているんだそう。

ハイアットセントリック銀座インテリア
ハイアットセントリック銀座インテリア

4階のホテルラウンジ

ラウンジはキーカラーの赤が効いた、遊び心溢れる空間です。
吹き抜けのシャンデリアのデザインが面白いですね!

ハイアットセントリック銀座インテリア

ラウンジには一つとして同じ椅子やテーブルは置いてありません。でも非常に上手くまとまっています。
この個性の強い赤x白のカーペットの存在のおかげだと思います。これが全体をまとめています。
もしこのカーペットが敷かれていなかったら…おそらく種々雑多な椅子が置かれた中古家具屋のような雰囲気になったかもしれません。

ハイアットセントリック銀座インテリア
力強いラグがバラバラな家具をまとめている

写真では分かりにくいですが、テーブル上のオブジェは「ブロック」でてきています。
遠目ではお花かと思いましたが、おもちゃのブロックでした。そして足元にはロボ犬が。

ハイアットセントリック銀座インテリア
随所に遊び心。「何これ!?」と興味をそそり、発見があるインテリアは大好き


東京・銀座をテーマにしたライブラリーコーナーもあります。
「今から銀座を散策しよう!」とでも言いたげな赤い自転車もディスプレイされています。

ハイアットセントリック銀座インテリア

明快なコンセプトを貫いた個性的なホテル。

ハイアットセントリック銀座は「Namikiスイート」というスイートルームも有名です。
いつか宿泊してみたいお部屋です。

コロナ禍前までの銀座は、中国人団体客が街にあふれて活気がありました。

しかしコロナ禍で一変。
外国語を聞くことがほとんどなくなりました。

今はホテルやデパートにとって厳しい時期ですが、どうかこの苦境を乗り越えて世界中から人が集まる活気のある街に戻ってほしいです。

ハイアットセントリック銀座、ぜひ東京・銀座の面白さを発信し続けてください!

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month