フォーシーズンズホテル東京大手町

オリンピックや増大するインバウンドのために、東京では2020年に多くのホテルが新規オープンや大改修を行いました。
コロナ禍により厳しい船出となっていますが、逆に言えば観光客でごったがえしていない今だからこそ、インテリアをゆっくりと堪能することができます。

今日は2020年9月に皇居の近くにオープンしたフォーシーズンズホテル東京大手町をご紹介。

39階のロビー階につながるコンテンポラリーフレンチレストラン「エスト(est)」を利用してきました。
さすがフォーシーズンズと思える素晴らしい内装でした。


グレージュを多用したエレガントでラグジュアリーな内装は、女性でお好きな方多いと思います。

フォーシーズンズ大手町
開放感のある景色。高い天井にシャンデリアが効いていました

レストラン「エスト(est)」はインテリアの観点では「異素材の組み合わせ」が印象的でした。
木・石・タイル・レザー・メタル・ガラス・布…ひとつの家具や壁面に複数の素材を組み合わせており、豊かでリッチな空間を演出しています。

フォーシーズンズ大手町
テーブル・椅子の足先にメタルをかぶせて。このテーブルの足元を見た瞬間に東京ディズニーシーの「海底2万マイル」のアトラクションが頭に浮かびました。雰囲気がそれっぽい
フォーシーズンズ大手町
レザー張りのチェスト。大理石風の天板にメタルの金具がおしゃれ。ハリウッドラグジュアリーなインテリアがお好きな方の寝室にぜひ置きたい。

椅子のパイピング(縁取り)やアームのレザーの組み合わせも参考になります。


もちろん、ところどころ日本的な演出も忘れていません。
壁面には桜のレザーパネルアート。

フォーシーズンズ大手町

花がレザーで立体的につくられています。これはさすが一流ホテルの演出ですね。手間がかかっています。
他にもショーケースのガラス面に唐草模様が印刷されていたり金箔が使われたり、青海波など和文様が散りばめらていたり、さりげなく和を演出するアイテムが使われています。

フォーシーズンズ大手町
レザーでつくられた桜


レストランまでのアプローチもさすがのインテリア。
非日常のワクワク感&緊張感が高まります。左右どこを見ても楽しかったです。


ただですね、インテリアが素晴らしかった半面、お料理は・・・
詳しいことは書きませんが「インテリアを楽しむ」にお金かける割り切った気持ちで行かれるのがよろしいかと。



ロビーはこんな雰囲気です。
カーテンが空間を緩やかに仕切ります。柔らかさとエレガントさを演出していました。

フォーシーズンズ大手町
「大きな空間をカーテンで緩やかに仕切る」という考え方は家のインテリアでも取り入れられますね
フォーシーズンズ大手町
カーテンに囲まれ、さらに繭玉のような椅子に守られて。
何時間でもこもりたくなる空間

最後は39階ロビー階にあるお手洗い。
壁面ミラーに躍る白い四角。 LED照明の効果で艶やかなタイル壁面に反射して綺麗でした。

フォーシーズンズ大手町
神社で見かける紙垂(白い紙)や障子から差し込む光をコンテンポラリーに表現しているのかしら?


最近オープンしている高級ホテルは、全体的にグレージュベースのエレガントな内装が多いのですが、その中でもフォーシーズンズは異素材の組み合わせ方が卓越していて、とても参考になりました。

私もいつか個人邸でこんなインテリアを作ってみたいです。
フォーシーズンズホテル東京大手町

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month