石川の美食の高級宿「べにや無何有」

週末に1泊2日で石川旅行に行ってきました。
宿泊したのは石川県の山代温泉にある「べにや無何有」。大人のための隠れ家のようなホテルです。

 

『べにや無何有』自然に囲まれた空間

小松空港から車で30分ほどの距離にあります。

エントランスを入ったスペース。
ビンテージ感のある椅子にテーブル。背景に美しい緑が広がります。
べにや無何有

自然に囲まれており、お部屋からの眺めが素晴らしいです。
べにや無何有

日本は四季折々の景色が本当に美しいから、
海外(特にヨーロッパ)のホテルに比べると、日本のホテルって室内装飾がとてもシンプル。
その代わりに景色を楽しめるように、開口部を広くとっているところが多いですね。

 

宿には所々センスの良いお花が飾られていました。
お庭や周囲の山から摘んできたそうです。
さりげないおもてなしの心を感じます。
べにや無何有

べにや無何有

 

主張しすぎないアートも、空間を上質に見せていました。照明が効果的。
べにや無何有

 

 

『べにや無何有』は何より食事が素晴らしかったです!
新鮮な食材、素材を生かした調理。
石川の伝統工芸である漆器も見事でした。
べにや無何有

べにや無何有

べにや無何有

11月上旬には香箱蟹が解禁されます。
いつか蟹の時期にぜひ来たいです。
夫婦、友人でゆったり贅沢な時間を過ごすのに最適な宿です。
べにや無何有

 

 

ちなみに今回の旅行は友人と来たのですが、私も友人も食器が大好きなので、食器や漆器のお店ばかり巡っていました。

初日は山中温泉にある山中漆器伝統産業会館喜八工房に。
喜八工房は残念ながら休みでしたが(翌日金沢市にある喜八工房に行きました)、山中漆器伝統産業会館が安くて種類豊富で良かったです。

スープやリゾット用に漆のスプーンを購入。(中600円、大800円)
漆のスプーン

 

金沢市では真っ先に『本田屋食器店』に行きました。
長町武家屋敷跡にある、とても素敵な和食器のセレクトショップです。

去年の金沢旅行では、ここで土鍋を購入しました。
金沢『本田屋食器店』で出会ったおしゃれで機能的な土鍋

今年はどんな食器と出会えるかしら?
インスタで事前にチェックしていた素敵な豆皿がほしいなぁと、期待に胸を膨らませていきました。

悩んだ末に購入したのは1尺(約30cm)の不動窯の織部焼大皿(13,000円)
明るめのグリーンで渋すぎないので、ガラス皿や洋皿にも合わせやすい色味です。
新しい食器を買うときは、必ず手持ちのお皿に合うか、使用頻度高く使えるか吟味して選んでいます。
本田屋食器店で購入した織部のお皿

 

宿でゆったり過ごし、素敵な食器を買い、美味しいものを食べて帰路に着きました。

北陸新幹線のおかげで北陸が本当に近くなりましたね。
また近いうちに行きたいなぁと思います!

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month