海外ドラマに出てきそうな大人女子部屋

東京都港区マンションのインテリアコーディネート事例をご紹介します。

30代女性が住むコンパクトな都心の賃貸マンションです。
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のゆりちゃん家のインテリアがお好きな方です。

グレーをベースカラーにし、マゼンダ&紫をアクセントカラーに取り入れ、お客様の個性が光る海外ドラマに出てきそうなお部屋が完成しました。

海外インテリア事例(大人女子部屋)
寝室インテリア 東京マンション

Before&Afterの比較、コーディネートのポイントをまとめます。

Living Room

<Before>

コンパクトな細長いリビング&ダイニング。窓からは都心の美しい景色を望めます。

Before

↓↓↓

<After>
細長い空間を、手前側からキッチン&ワークスペース、ソファスペース、ダイニングと3つのゾーンに分けました。

海外インテリア事例(大人女子部屋)

ダイニングを窓側に配置して、食事をしながら外の景色を楽しめるようにしています。

海外インテリア事例(大人女子部屋)

ダイニングにはお母さまから贈られたフランス人画家ベルナール・カトランの花の絵を飾りました。
この絵からインスピレーションを得て、ダイニングチェア(Alfrex)の張地をマゼンダ色にしています。

女性らしい華やかな空間に、テーブルのメタルの脚がかっこよさをプラスしています。

海外インテリアコーディネート実例

Bedroom

<Before>
コンパクトなベッドルーム。正面に細長い窓がついています。(下写真では見えませんが、右側にも窓があります)

Before

↓↓↓

<After>
正面の窓は遮光フラットカーテンで覆ってしまい、ベッドのヘッドボードのように見立てました。
アート、ベッドカバー、クッションの色を統一することで、海外のブティックホテルのような華やかな寝室になりました。

海外インテリアコーディネート実例

ベッド上のアートは日本人画家森千の作品。都内のギャラリーで購入し額装して飾りました。
この絵の雰囲気に合わせて、ベッドカバーの生地を曲線デザインに決めました。

海外インテリアコーディネート実例


ベッドカバー、ベッドスロー、クッションは、このお部屋に合わせてオーダー製作しています。
これらのアイテムが入ることで、見た目にも美しいホテルのような寝室になりました。

海外インテリアコーディネート実例

今回のお部屋では、リビングのソファに座ると視線の先にベッドルームが良く見えます。
「見ても楽しめる」寝室インテリアを心がけました。

海外インテリアコーディネート実例

「おしゃれで嬉しいです。遊びにきた友人にも私らしいインテリアと言ってもらえます」とお客様に大変喜んでいただき、私も嬉しいです。

お仕事が多忙なお客様、ぜひお気に入りのインテリアに囲まれて日々の疲れを癒してください♡
K様ありがとうございました。

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month