窓が大きなタワーマンションのオーダーカーテン事例

前回のブログではオーダーカーテンの大まかな流れについて書きました。
今日は「窓が大きなタワーマンションのオーダーカーテン事例」をご紹介したいと思います。

インテリア事例

眺望の良いタワーマンション。
大きな窓から見える景色は最高ですね。

ただし大きな窓に囲まれた部屋には以下のようなデメリットもあります。

①夏日差しがきつくて暑い
②冬は窓から冷気が入る
③(対面にビルがある場合)視線が気になる

また窓が大きすぎるとインテリアの観点でも問題が生じてきます
④家具を上手く配置できない
⑤美しいカーテンのバランスがとれない

など。

憧れだけで住むのはなかなか難しい、実は大きな窓に囲まれた空間のインテリアはとても気を使うものなのです。

 

 

高層マンションのオーダーカーテン&インテリア事例

今日ご紹介するのは都内の賃貸マンションの事例です。
高層マンションで広くて開放的なリビングは大きな窓に囲まれています。
窓の幅はなんと合計9m。

お部屋は南西向きのため、午後になると夏は強い西日が差し込んできます。
大きな窓
(※景色はマスキングしています)

現地調査でお部屋に始めて伺った時、ちょうど西日がカーっと差し込んできた時刻でした。
「あぁ…私絶対に日焼けしたくないんです」とおっしゃっていた奥様の言葉に「何とかせねば!」と思いました。

そして目の前には大きなビルがあります。
ビルの中の様子がこちら側から良く見えてしまいますし、向こうからの視線も気になります。
これではくつろげません。

さらにお客様のご希望のインテリアは、
モダン過ぎずシンプル過ぎず、ゴージャスでエレガントな海外インテリアでした。

 


一般的な高層マンションのカーテン

このような高層マンションの大きな窓の場合

・ローマンシェード(上げ下げ式)
・パネルカーテン
・バーティカルブラインド(縦型ブラインド)
・レースのみにする

などすっきりシンプルな窓辺にするのが一般的です。
※よろしければ「タワーマンション バーティカルブラインド、ローマンシェード」などでGoogle検索してみてください。
画像が出てきますので、イメージが分かると思います。

しかしこのようなシンプルな窓辺ですと、お客様が求めている「モダン過ぎないゴージャスでエレガントな海外インテリア」は実現しにくくなります。

 

それでは一般的な「レース+ドレープカーテン」をつけてはどうかというと、普通につけてはプロポーションが変になります。

合計幅9mもある大きな窓で、
大きな窓

普通に両開きのカーテンをつけてしまうと、
高層マンション窓のカーテン

↓↓↓

カーテンを開けたときに、左右に巨大な生地の”たまり”ができてしまいます。
これが見た目的に非常におかしくなるポイントです。
家具を置いた時にも、背景にカーテンがある場所、無い場所ができてしまいバランスがうまく取れません。
また日差しを避けるために「カーテンをちょっとだけ閉めたい」という調整がしにくくなってしまいます。

高層マンション窓のカーテン

そこで考案したのが「窓を意図的に分割してカーテンをつける方法」です。

家具の配置や窓辺のプロポーションを考えて、カーテンを以下のように4つに分割しました。

高層マンション窓のカーテン

↓↓↓

カーテンを開けると4か所にカーテンの”たまり”ができます。
高層マンション窓のカーテン

実際はこのようになりました↓

大きな窓カーテン

このようにカーテンを意図的に分割して左右対称の背景を作ることで海外のようなインテリアを実現することができます。

インテリア事例

美しいインテリアには、美しい背景が必要です。
カーテンがその役割を果たします。

インテリア事例

 

このスタイルであれば隣のビルの存在はもちろん気になりませんし、
強い西日が入ってきてもカーテンで微調整することができます。
(※レースは遮熱・UV効果の高いものを採用しています)
カーテンを全面OPENにして開放的に過ごすこともできます。

 

このようにオーダーカーテンを作るときは、
常に「お客様の求めるインテリアやライフスタイルを考えたときに、そして窓の形状や課題を考えたときにどのような窓装飾がベストか」を考えてデザインしています。

「高層の窓だからこれ」「業界の通例だからこれ」という風に、通り一遍のデザインはしません。

ですからオーダーカーテンのデザインにはしっかりとお時間を頂きます。

 

このお部屋はまだまだ完成途中です。

来週イギリスのコンソールテーブルが届き、来月はイタリアから立派なソファが届きます。
素敵な空間が完成しましたらぜひまたご紹介したいと思います。

インテリア事例

インテリア事例

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month