椅子の個性は張地で決まる

椅子やソファは「どんな張地を選ぶか」で見た目が大きく変わります。
同じ椅子でも張地によって違う椅子に見えることもあります。

中~高価格帯の家具メーカーであれば、複数の選択肢から好みの張地を選ぶことができますし、場合によっては気に入った生地を持ち込んで張ってもらうこともできます。

今日は弊社の事例で、チェアの張地にこだわった事例をご紹介します。

同じ椅子でも「張地でこんなに印象が変わるんだ!」ということを実感していただけたらと思います。

寝室のパーソナルチェア

東京アート&インテリアコーディネート事例, インテリアコーディネーター山口恵実

新築戸建ての主寝室用に選んだパーソナルチェア。
エレガントなイギリスのハイエンドテキスタイルブランドROMOの生地を指定して張っていただきました。
立体感があり手触りが良い生地です。

Studio del Solインテリアデザイン事例

↓写真左はショールームの展示品。シンプルなピンクのベロア生地。
ROMOの生地を張ることで、高級感と個性を感じられる1脚になりました。

マゼンダのダイニングチェア

Studio del Solインテリアデザイン実例

壁に飾ったベルナール・カトランの花の絵に合わせて、ダイニングチェアをマゼンダ色にした事例です。
この色は既製品ではまず見かけないですね!
外側はマゼンダ、内側はグレージュ、パイピング(縁取り)は濃ブラウンで張り分けています。

↓写真左はショールームに展示されていた同様のチェア。落ち着いたベージュ&グレーの組み合わせでした。
張地を変えたことでお客様らしい特別な1脚になりました。

Art Decoのダイニングチェア

Studio del Solインテリアデザイン事例「透明で軽やかなArt Deco」

「Art Deco(アールデコ)」がテーマのこちらのダイニング。
椅子の張地にはシャンパンゴールドの幾何学模様を選びました。

写真はショールームに展示されていた同じ椅子の写真です。シンプルな張地で落ち着いた印象に見えますね↓

大人の男性がくつろぐラウンジチェア

ホームオフィス

40代男性のホームオフィスには、ゆったり座れるラウンジチェアとオットマンを提案しました。
内側はブルーの張地、背面は青みがかったレザー、パイピング(縁取り)は濃紺を選びました。

壁に飾ったアートやラグ、カーテン、ベッドカバーと色バランスを合わせて選んでいます。

↓写真右はAlfrexのHPからお借りした同じチェア。この椅子も張地によって雰囲気が大きく変わりますね。




どのような張地を選ぶかで、椅子の印象は大きく変わります。
変幻自在に自分スタイルを叶えることができるのです。

だから私は張地選びが大好きです。

今まであまり意識せずに黒・ベージュ・グレーなどの椅子を選んでいた方も、ぜひ様々な張地に目を向けてみてください。
椅子ならトライしやすいですから、ぜひ。

1脚の椅子に、愛着が湧くと思いますよ!

★Follow Instagram (em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。
アートやインテリアの楽しさと奥深さに気がついてから人生が変わりました。
コーディネート事例の紹介、アートやインテリアの面白さをブログで紹介。
東京都在住。マンションに夫婦2人暮らし

リフォーム・リノベーション、アート&インテリアコーディネートのご相談承ります。
ぜひお気軽にお問い合わせください。