限りなくアートに近い照明(英Margit Wittig)

GW中に待ちに待った照明がイギリスから届きました。
自宅リビング用のテーブルランプです。
イギリスのアーティストMargit Wittig(マーギット ウィティッグ)のランプ(日本ではAuthenterior取り扱い)
とてもユニークで可愛らしいでしょう?

アートのような照明Margit Wittig

Margit Wittigはロンドンに拠点を置くドイツ人女性アーティストによるブランドです。
彫刻のようなアート性の高い照明やオブジェを生み出しています。
照明の機能とアート性を兼ねそろえた”ファンクショナルアート”と言えますね。

青山Authenteriorのショールームで彼女の作品を拝見し、いつか自宅用に欲しいなぁと思っていました。
それなりの金額のため、すぐに手が出なかったのですが今年2月に購入し5月にイギリスから届きました。

アートのような照明Margit Wittig


今回注文したテーブルランプは我が家のインテリアに合うようにBespoke(特注仕様)で製作しました。

製作に至るまで、マーギット本人、日本代理店Authenteriorの石黒氏とやり取りしながら、どんなデザインにするか詳細をつめていきました。
そのやりとりも楽しかったので、特注の製作依頼にご興味ある方のために参考にのせておきますね!

Bespoke(特注仕様)ランプが出来上がるまで

ずっと気になっていたMargit Wittigのテーブルランプを注文したいです。自宅リビングのヴィンテージサイドボードの上に飾ります。
ランプParisをベースに、黒い鳥を中心につけて鳥が空を飛び立つ雰囲気にしたいのですが、特注製作可能ですか?(下の2枚の資料を送付)

Margit Wittg注文


Authenterior石黒氏

特注製作もちろん可能です。マーギットにイメージと見積もり依頼いたしますね。(数日後)
マーギットからイメージスケッチが届きました。
こんなデザインでいかがでしょうか?

アートのような照明Margit Wittig

この配置好きです!鳥は白ではなく黒でお願いします。
マーギットのスケッチを拝見して、色並びはこんな順番だといいなぁと思いました。こんな感じも可能でしょうか?(下の資料を送付)

Authenterior石黒氏

いい色配置ですね。いただいた資料をマーギットに見せてみます。きっと「これ素敵だからこれでいきましょう!」と言うと思います(笑)

(マーギットに確認後)

先ほどマーギットから連絡がありまして、やはり思った通り「山口さんの案がとても良くていいバランスだと思うわ!」とのことでした。マーギットもお墨付きの山口さんのプランで行きましょう!
楽しみですね。鳥の色は真っ黒ではなくダークブロンズ色になります。玉の色もこんな黒色になる可能性があります。

鳥素敵ですね。
はい、細かい色バランス等々は、マーギットの感性にお任せします!
完成超楽しみです!!

Authenterior石黒氏

はい、ぜひ楽しみにお待ちください!
3カ月ほどでお届けの予定です。



…なんて(私の我儘だらけの)の楽しいやりとりを経て、イギリスでマーギット氏に製作いただきました。
そして我が家に届いたテーブルランプ↓

アートのような照明Margit Wittig

もう、めちゃくちゃ可愛い!

マーギット氏とやりとりをしただけで、まるで自分がこの照明の製作に携わった気になっており、愛着はひとしお(笑)

ランプに合わせて、GW中にリビングのアートの配置替えも行いました。
これはそっち、それはこっち…こんな時間が非常に楽しい。

アートのような照明Margit Wittig


このランプ、目に入る度に喜びの気持ちが沸き上がってきます。

限りなくアートに近い照明。

空間がとても豊かになりました。
(※今月末にもう一つ、イギリスから別のテーブルランプも届きます)

お値段はそれなりにしますが、歳を重ねながらこういうものを少しずつ集めて家のインテリアを成熟させていくことが目標です。
だぶん私が80歳になるころには、我が家は超おしゃれでかっこよくなっていることでしょう。


こんな風に、美しく、面白く、ユニークでこれから先何十年も大切にしたくなるもの

そんなものを、お客様にも紹介・ご提案していきたいと心から思います。

★Instagramも随時更新しています(em.yamaguchi)

インテリアコーディネーター山口恵実
Art & Interior Design, Studio del Sol
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。日本の住宅は殺風景で無個性なインテリアが多いです。もっと多くの人にインテリアの楽しさを知ってほしい、もっと自分のスタイルに挑戦してほしいと心から思っています。
Blogでは辛口な視点も加えつつ、インテリアのあれこれや事例の解説を行っています。
インテリア、奥が深くて面白いですよ。

Month