「突板」って何?~旭川の家具工場へ

6月になり都内のお店やショールームが再開しましたね!
資材調達のために新宿~六本木のインテリアショップを巡りましたが、どこもインテリア関係者ぽい人たちで激混みしてます(笑)
「やっと買いに行ける!」と一斉に動き出している感じですね。

さて、前回のブログ更新から日が経ってしまいましたが、今日も旭川の家具工場見学記をお届けしたいと思います。

今日紹介するのは「突板(つきいた)化粧合板」の加工工場です。

突板化粧合板?
えっ…何それ美味しいの?
…という状態かと思いますが、

実は皆さんにとって身近なものなんです!^^

突板工場

 

家具の多くは木から作られていますが、木の種類も製法も様々です。

プリント技術の発達により、美しい木目だなぁと思っても、実は紙や樹脂に木の模様がプリントされていたりもします。

 

今日ご紹介する「突板(つきいた)」は天然木を使った製法のひとつです。

フローリング、天井、壁、家具など身近なものに多く使われています。

突板工場

 

工場のご紹介をする前に、先に「無垢板・一枚板」と言われてるものについて簡単に説明しますね。
比較すると「突板って何?」を理解しやすいと思います。

 

いわゆる「無垢板・一枚板」

木の家具の代表例として、例えばイメージしやすいものは「一枚板のテーブル」
こんなテーブルに憧れている方も多いのではないでしょうか?

1枚板テーブル

ATELIER MOKUBA(関家具)HPより

自然木を切り出して加工しており、木の質感や温もりをダイレクトに感じられます。

 

旭川の製材工場でも、見事な無垢板をたくさん目にしました。

大きな丸太を
旭川家具レポートStudio del Sol

機械でカットし

旭川家具レポートStudio del Sol

職人さんが美しく加工をして

突板工場

テーブルの天板として、一枚数十万~数百万円で取引されます。

製材工場

自然の木を伐り出しているため、質感や温もりは見事です。

一方で、
自然の木をカットするので、大きさはバラバラ。
柄もバラバラ。
一本の木から取れる量も多くはありません。

日本国民全員が「見事な一枚板のテーブルが欲しいですー♡」と言い始めたら、たぶん森から木が無くなるんじゃないでしょうか(笑)

 

 

木を薄くスライスした「突板(つきいた)」

中高価格帯の家具で多いのが「突板」を使った家具です。
「とつばん」ではなく「つきいた」と読みます。

突板とは何かというと「0.2-0.6mm程度に薄~くスライスした木」です。
薄い無垢材とも言えますね。

突板工場

木目の美しい部分をスライスして、多くの面積で使えるようにしたものです。

 

旭川の工場には、紙のように薄くスライスされた突板がたくさんありました。
タモ、ナラ、ウォールナット(他にも珍しいものがいっぱいありましたが…名前忘れました。。)

この突板を様々なベースに貼って使います。

一本の木からたくさんの突板がとれるため、美しい木目が量産できます。
量産可能で経済的な製法です。

突板工場

 

旭川の工場では、突板をベニアなどのベース材に貼った「突板化粧合板」を製造しています。
家具・フローリング・壁・天井…様々に使われています。

始めて工場で突板の実物を見たので「わぉ~すごい!!」と興奮しっぱなしでした。すごく面白かったです!

突板工場

 

↓こちらの写真は「突板(つきいた)をどの順で貼っていくか?」を検討しているところ。
模様の選び方や向きで仕上がりが変わりますので、顧客からの要望に応じて一つ一つ手作業で向きを決めています。

旭川特注家具レポートStudio del Sol

 

特殊な糊を付けたベニア板に突板を貼っています。
スッ、スッ…職人さんの動きには全く無駄がありません。

旭川特注家具レポートStudio del Sol

そして圧着機械に挟んでプシュ~として、

突板工場

接着されてでてきます。

突板工場

周囲をカットし研磨して、
美しい木目の突板化粧合板になりました。

突板工場

 

これがフローリングや家具、壁、天井などの材料として使われるのです。
手触りや風合いは自然の木そのもの。

 

我が家のダイニングテーブルも突板で作られています。
(テーブル:Alfrex Rita、チェア:Alfrex RINN)
突板の製品は身近にたくさんあります。

ダイニングテーブル

 

(工場からお土産でいただいた突板コレクション↓)突板工場

 

突板(つきいた)という製法が生まれたことで、美しい木目の家具を量産できるようになりました。

今はプリント技術が発達して、木目模様を紙や樹脂に印刷して家具に貼ることもあります。

最近は木目が美しい家具のようなキッチンもありますね。
自然木を使った突板を使用しているものもあれば、メラミンという樹脂に木目をプリントしているものもあります。

技術の発展により、様々な製法、見た目、価格、用途の家具が生み出されているわけです。

 

面白いですよね~!!

 

製材工場

 

工場の皆様、見学させていただき本当にありがとうございました!
とても学びの多い時間でした。

雪の降る日にバタバタと行きましたが、今後はゆ~っくり美味しいもの食べにぜひまた旭川に伺いたいと思います!


***********
ブログランキングに参加中
ボタンを押すと順位が上がる仕組みです
↓一日一回ぜひポチッと宜しくお願いします!^^


山口恵実(インテリアコーディネーター)
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。ブログでは施工事例やインテリアのノウハウについて解説。
日本のマンションは画一的・無個性なものが多いです。もっと多くの家を個性あふれる空間に変えていきたい。 インテリアが素敵になると、暮らしの質が劇的に変わります!
>>プロフィールの詳細はこちら
★Instagram>>

アート&インテリアコーディネートのご依頼承っております。 ご依頼・お問い合わせはこちら>>