制限があるところに工夫とアイデアが生まれる

前回と前々回のブログ記事に対して、反響がたくさんありました。
多くの方がお読みくださりありがとうございます!

特に前回の記事「マンション実例~海外みたいな華やかLiving&Dining」で公開した
「奥行が狭いソファの背もたれをとって、クッションをたくさん置く(背もたれはベッドで再利用)」というアイデア。

マンションインテリアコーディネート実例山口恵実

 

前々回のブログ記事「海外ホテルみたいなおしゃれ寝室~完成までの流れ」で
「中途半端なサイズの窓をフラットカーテンで覆ってしまい、ベッドのヘッドボードに見立てるアイデア」

寝室コーディネート実例インテリアコーディネーター山口恵実1

 

この二つのアイデアを公開したところ、多くの方から「面白い」「良いアイデア!」「自分もやってみたいです」というメッセージを頂きました。
ありがとうございます!!

 

制限があるからこそ工夫が生まれる

私のように都心マンションのインテリアコーディネートを中心にやっていると、家の狭さ・天井の低さ・梁の出っ張り・変な形・変な窓の位置…などなど毎回いろんな制約があります。

「なんでこんなところにコレがあるんだろうか。これを設計した人はアホなのか…」と言いたくなるような(笑)

でも制約を「しょうがない」と諦めて、無難な提案で終えてしまうか、

「じゃぁ、これを逆手にとって何か面白いことしてみよう」
と考えるか…それで出来上がるものも、創り上げる楽しさも全然違ってきます。

何よりお客様が気に入って借りたり・購入されているお家です。
さらにお家を「愛して♡」いただけるように、毎回ベストをつくしたい。
常に挑戦する姿勢で仕事をし続けたいと思っています。

 

【以前の事例】

<Before>
天井に大きな梁(天井の低くなっている部分)があった部屋。
内見時は「梁の存在感が大きくて圧迫感を感じるなぁ…この梁をどうにかしなければ…」と内心脇汗でした。
インテリアコーディネート事例Before

↓↓↓

<After>
「大きな梁がある」という制約を逆手にとって、梁下に小さなアートを複数リズムカルに飾りました。
梁の圧迫感がむしろ居心地よい空間に大変身。
インテリアコーディネート実例トップStudiodelSol

「天井の梁」という制約があったからこそ「小さなアートを複数飾ろう」という発想に。

このアートの飾り方は、その後私の得意なスタイルのひとつになりました。

オフィスアート実例

 

制約からイノベーションは生まれる

”イノベーション”なんてかっこいい言葉を使うのは小っ恥ずかしいのですが、世の中は「制約があるからこそイノベーションは生まれる」のだと思います。

私が生きている「個人邸のインテリアコーディネート」という小さな世界の中でも、

常に生じる様々な困難や制約をどのように乗り越えるか?
どうやって欠点を長所にかえていくか?

”挑戦することを楽しむ”

そんな姿勢で仕事をしていきたい。

そして常にどんな時にも
ご依頼くださった方に対してベストな提案ができるように、
向上心をもって学びつづけ、頭を柔軟にしておきたい。

…ということをクリスマスに日本酒を飲みながら改めて思いました。
(日本酒かよっ。笑)

京都旅インテリアコーディネーター山口恵実

実は今年のクリスマスは京都へ◎

「京都の歴史や建築を巡る年内最後の旅」

旅は学びが多く、たくさんのインスピレーションを得られます。
私にとって旅は大変重要なのです。

京都で巡ったところ、こだわりホテルのインテリアについて、またブログにまとめてご紹介しますね。

今日は年内出社最終日の方も多いことでしょう
皆様素敵な一日をお過ごしください☆

【皆様へのお礼】
毎回ブログ記事の下につけているブログランキングのポチッ。12/16にブログランキングを開始してから10日間で2位まで上がりました。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます!

2020年もインテリアをもっと楽しく、住空間をより豊かにするために、私なりの視点でいろいろ発信していきたいと思っています。
つたない部分も多々ありますが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。京都旅インテリアコーディネーター山口恵実


***********
ブログランキングに参加中
ボタンを押すと順位が上がる仕組みです
↓ぜひポチッと宜しくお願いします◎


山口恵実(インテリアコーディネーター)
家を個性的に彩るヒントについてiPhoneで撮影した豊富な写真とともに発信。 画一的・無個性な日本の住空間をアート&インテリアの力で変えていきたい。
「家に個性とスタイルを」 >>プロフィールの詳細はこちら

アート&インテリアコーディネートご依頼承っております。 ご依頼・お問い合わせはこちら>>