10人10色のホームオフィス事例

コロナの影響で強制的に在宅勤務が始まり「家で仕事する」が日常になっている方が多いことでしょう。
この前大学の友人とZOOMお茶会をしたら、大企業に勤めている友人から「3月から在宅ワークやっているけれど、ぶっちゃけもうオフィス行く必要ないよね」なんて話も出ていました。

今朝の日経新聞でも「忍び寄るオフィス不要論」という記事が出ており、ドワンゴは全社員1000人がコロナ後も在宅勤務を続けたり、米ツイッターも世界の全社員が期限を設けずに在宅勤務する方針だそうです。

仕事内容問わずに、大勢の人がスーツを着て、同じ時間に同じ場所に向かって通勤するスタイルは徐々に変わり、必要な人/業務/ケースの場合だけオフィスに行き、後は自宅やカフェで仕事というスタイルがこれから増えていくことでしょう。

朝の電車の混雑が緩和して「痛勤」という用語が死語になるといいなぁと思っています。

 

さて、そうなってくると重要なのが「家に仕事場を整えること」
ホームオフィスの必要性はどんどん高まってくると思います。

今日は私が過去に手掛けたホームオフィスの事例の中からいくつか特徴的なものをご紹介したいと思います。

東京都心のマンションで住空間が省スペースでも、工夫次第で快適なホームオフィスは可能です。

 

アートとグリーンに囲まれたオアシスのようなホームオフィス

40代男性のホームオフィス事例です。

新宿区の細長いコンパクトなワンルームマンション。
寝室とは引き戸で仕切られています。

ホームオフィスインテリア

リビングにはワークデスクとラウンジチェア、オットマンを置いています。

スペース的にソファは置けませんでした。
その代わりゆったりくつろげる質の良いラウンジチェアをお選びしています。

ワークデスクは壁を向いて仕事に集中できるように、
ラウンジチェアは窓を向いて外の景色を眺められるように配置。

OnとOffでメリハリがつくよう家具の配置を考えています。

*
*

このお部屋の特徴は壁にたくさんのアートを飾ったこと
ふと仕事に疲れて顔を上げたとき、横を向いた時に、お気に入りのアートや植物が目に入ります。
ホームオフィス家具おしゃれ内装レイアウト

ホームオフィス家具おしゃれ内装レイアウト

 

バルコニーにも家具を置き、仕事の合間に休憩したり、コーヒーを飲んでほっと一息ついたり。
ゆったり一人時間を楽しめる第2のリビングにしました。

ホームオフィス

 

細長い形で天井も低めのコンパクトなお部屋ですが、たくさんのアートやグリーンに囲まれて狭さを感じさせないのびやかな空間になりました。
都会の喧騒を忘れて仕事に集中できるホームオフィスです。

ホームオフィスインテリア

 

リビングの一角にホームオフィス

専用の部屋を持たずに、リビングの一角にホームオフィスを設けた事例です。
これは私の自宅です。(椅子に座っているのは友人です)

ホームオフィス

正方形のリビングの一面の壁に沿ってデスクを置きました。
仕事するときは壁に向いて座るために、背後に家族の気配を感じながらも仕事に集中することができます。

くるりと後ろを振り向けば、ソファに座った家族と会話することができます。

このお部屋の特徴も壁にたくさんアートを飾っていること

アートに視線が行くので、机の上が多少仕事用具でごちゃついていてもそれほど気になりません。

 

居住空間に調和したホームオフィスの事例として、去年「ザ・パークハウスマガジン」に掲載いただきました。

The Parkhouse magazine

 

 

寝室のちょっとしたスペースを活用した事例

専用のワークデスクを設けずとも、寝室の隅に小さなカフェテーブルを置いて仕事スペースを設けた事例です。

主寝室にシングルベッドを2台置いたのですが、ベッドはできる限り入り口側に配置し窓側にスペースを設けました。

窓側にはカフェテーブル+椅子を2脚配置しています。

椅子はダイニングチェアと同じタイプのもので、
お客様がいらしたときはこの椅子をダイニングに持っていき、来客用ダイニングチェアとして利用します。

寝室インテリアコーディネート実例Studio del Sol

小さなお子様2人と奥様がリビング&ダイニングで過ごされている間、なかなか同じ空間で仕事に集中したりテレビ会議をするのは難しいですよね。

この寝室の小さな静かなスペースが、ご主人の集中できる仕事スペースになっていることでしょう。

寝室インテリアコーディネート実例Studio del Sol

 

 

趣味室を兼ねた個性いっぱいの仕事スペース

もし自分専用のお部屋を持てる余裕のあるお家でしたら、このような趣味室を兼ねたワークスペースはいかがでしょうか?

海外のフェスに行ったり、音楽を聴くことが趣味のお客様。
レコードやCDなど貴重なコレクションを多数お持ちです。

コレクションのディスプレイを楽しみつつ、仕事に集中したり音楽を楽しんだり…お家時間をパワーアップするホームオフィスのプランを進めています。

ディスプレイ棚も兼ねたL字型の大きなワークデスクは特注で製作予定。
緊急事態宣言が解けた後、6月から施工開始のプロジェクトです。
ホームオフィスプランニング

 

仕事内容も家族構成もライフスタイルも家の広さも皆違うから、ホームオフィスのあり方も10人10色であっていい。

絶対にこれじゃなきゃいけないっていうルールは無いんです。
それがインテリアの面白いところ。

皆さんはどんなホームオフィスを作りたいですか?^^


***********
ブログランキングに参加中
ボタンを押すと順位が上がる仕組みです
↓一日一回ぜひポチッと宜しくお願いします!^^


山口恵実(インテリアコーディネーター)
外資経営コンサルタントからインテリアデザインの世界へ。ブログでは施工事例やインテリアのノウハウについて解説。 「インテリアはセンスと思われますが、意外とロジカル(論理的)です」
画一的な日本の住居をアート&インテリアの力で変えていきたい。 >>プロフィールの詳細はこちら
★Instagram>>

アート&インテリアコーディネートのご依頼承っております。 ご依頼・お問い合わせはこちら>>