港区 – ホテルのようなオフィス兼セカンドハウス

都心の眺望の良いマンション。
40代男性のオフィス兼セカンドハウスです。

広い1LDKをオフィススペースと寝室に分けてデザインしました。
オフィスは社員の執務室としての役割だけでなく、来客と打ち合わせをしたり、夜はくつろぐ場でもあります。

テーマは『シティホテルで過ごす夜』

海外出張で良く宿泊されるお気に入りのホテルの写真を数枚頂き、そこからエッセンスを得てデザインしました。
昼は仕事に打ち込める、夜はゆったり過ごせる、上質で洗練された高級ホテルのような空間を目指しました。

Bedroom

16畳の長方形のお部屋は寝室としてデザインしました。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

奥にはクイーンベッド(お客様がお持ちだったもの)を置き、手前側にはチェアスペースを設けています。

心地の良いチェアを2脚配し、ホテルのようなラウンジスペースを設けました。
音楽を聴きながらお酒を飲んだり、プロジェクターで映画鑑賞をを楽しむ場です。

ゆったりしたチェアはAD CORE。肌触りが良く高級感のあるベージュの張地を選びました。
紫色のシェードが特徴的な照明はTime&Styleです。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」
Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

コンソールテーブルの上に飾った油画は水村綾子作。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」


コンソールテーブルには鍵やサングラスを置いたり、実用面でも何かと便利です。


ベッドカバーやクッションは、お部屋に合わせてオーダー製作しました。
クッションにもテーマカラーの青色を効かせています。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

Office Space

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

19畳リビング&ダイニングはオフィスとして活用します。
写真左側には執務スペース、写真右側には打ち合わせスペースを配しました。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

打ち合わせスペースです。
予算の関係上、ラグや天井照明はコストを抑えた品を選定しましたが、画家が描いたアート作品を飾ることで上質な空間になりました。

Studio del Solインテリアデザイン事例「都心のシティホテルで過ごす夜」

アート作品は入江清美作。
凹凸感・質感がある個性的な作品です。
ソファに合わせて黒&シルバーの額で額装しました。

オフィスインテリアコーディネート事例

Before & After